2021/10/2  11:00

苦い話。  日々雑記

ツィッタでちょっとバズっていましたが、パクリとかトレスの問題。

大学で教えるようになって、やはり時々直面するんですよ。
そういうのに。
まずは、前提として、課題として制作するものは「オリジナルに限る」。
これは常識だと思っているわけです。
昔は日本人学生が、面倒くさいのか何なのか理由は不明だけどマイナーな既成キャラを描いてきたりして、でもどこかでバレるわけです(教員が気が付かなくても若手スタッフが気が付いたりするのだ)。
本人呼び出して追及すると、流石に「いけないことをやった」「後ろめたい」意識はあるので、思いっきり叱り飛ばして釘刺して、一応終了なんですね。
ただ、留学生が増えてきて「いけない」意識自体がない学生も増えてきた。
どう見てもまんまパクって自分のキャラに置きかえただけなのに、「いや、自分はこの構図で自分の作品が描きたかったのだ」と主張して説得できない。
正直、こういう学生対応が非常に疲れるわけです。
あとね、「ばれないだろう」とタカをくくってSNS投稿作品を模してきたリ…いやばれるから。他の学生から申告があったりするから。
そういう学生は追及すると一応白を切るのです。でも「SNSはやってるよね?どこかで見たのが頭の片隅に残っていて、出ちゃったんじゃない?」と回り込んで聞くと「そう云うこともあるかもしれません…」となる。
ぶっちゃけ「頭の片隅にある」程度では納得できない類似性だったりするんですけどね。

まぁ、こういう例が毎年増えてきたので、今年から遂に編集のM河センセにお願いして著作権レクチャーをやって頂いたわけです。
来年度からは、最初のオリエンテーションでやって、サインさせてもいいかと思っていたり。

影響を受ける、と、真似した、の区別は難しいかもしれない。
でも学生にいつも言うのは、一人の作家からしか影響を受けていないと「真似」にしかならないからね!です。
そういや何年か前にやたらジョジョ立ちが流行ったなぁ・・・。
あれをどこまで突っ込んでいいのやら。

やってもらった著作権レクチャーで「おお!」と思ったのは、
『パクリかそうじゃないかの判断は自身ではなく他人の評価である』
つまり、ついうっかり似てしまった場合も、他人が見て「パクってるんじゃないか」という指摘があればそう判定されてしまうということ。
パクっていないという証明ができない以上そうなってしまう。
『オマージュ・パロディは著作者の許諾が必要』
おお!そうなんや!
こういう論が、30年前に欲しかった…!


ぶっちゃけ、デザインのパクリとかイラストのパクリとか、結構やられたんですよ。
ひどいのになると、作中劇の設定・ストーリーの流れ・キャラクター名がほとんど「…これうちの作品のパクリじゃない???」なものがあって(メジャー誌のプロマンガ家の商業作品だ!)、抗議しようか問い質そうか真剣に悩んで、でも相手が大手だからシラをきられたら終わりかも…と泣き寝入りしたこともあります。
そう、パクった方の媒体が自分より大きいと、こちらがマイナー作家という引け目もあって、声を上げられない。
まぁ、昔は版権意識低かったしねぇ。。。
今だったら多分、SNS で訴えたりもできるんだろうけど。
ただ、パクられたのを目の当たりにした時の、あの胃が冷えて痛くなる感覚は、何十年経とうと忘れてはいません。あの悔しさは言葉にできない。

今は昔よりもっと、版権については敏感だし、あっという間に検証・判定され発信される。
そのリスクの大きさを認識して欲しいと思う次第です。
学生にはね。

「プロ」は「やらないこと」が前提なんだけどね!
(フリー素材のトレスは許されているとはいえ、作家としてのプライドはどうなん…?とも思います)

2021/9/29  16:32

9月はどこへ行った  日々雑記

9月は、真ん中辺に入試があって、その一週間前は準備に追われ、一週間後は後始末と新学期準備に追われ・・・なので、最初の一週間に「ああ、もう8月終わっちゃったよー」と思ってからこっちの記憶が定かではありません。
入試準備の一週間が半端なくきつくて「こ、ここさえ乗り切ったら…!」と思っていたのですが、何か、乗り切った後も平地に降りられない。
ワタワタしている間にですね、コミケの配置辞退手続き期間が終わっていたり(正直かなり悩んだのですよ、これ。配置日程が配置日程だったし、感染症の状況によってはワクチン打ってても参加見合わせになるかと思って)。
使っていたタブレットが仕事用アプリのサポート切れで超不便になったり(仕事用タブレット買ったよ!)。

その間に、色々もだもだと思うことがあって気分的にも前向きになれないのですが、とりあえずは一個ずつ片づけていかないと時間だけが過ぎていくので。

そして何より、
いきなり「接触冷感敷パッド」が寒くて使えなくなりました。
去年は10月中旬までは持ったのに〜!

2021/8/31  7:51

モリスさま  日々雑記

6月末から開催で、開幕したころは「行かねば〜」と思っていたのですが、学期末のどたばたですっかり忘れていたのですわ。
ウィリアム=モリス展。
地元奈良でやってるっていうのに!
で、閉幕3日前に気が付いて・・・あんまりギリギリだったので一瞬躊躇して、最終日朝。
割と早めに家事も片付き、天気はカンカン照りではなくやや薄曇り、朝一で行って開場行列しててもこれなら耐えられる!と判断して、ダッシュで支度して行ってきました。
美術館の目の前の地下駐車場に運よく入れて5分以上前に到着・・・そんなに並んでない!ラッキー!(というか10組未満が開き待ちしてたぐらい)
看板前で記念撮影しているおば(あ)さま方をしり目にさっさとチケット売り場に並び購入したので、入場は3番目でした。
とにかく人が群がらないうちに早めに回る!(皆さん足が遅いので大丈夫でしたわ)

行 っ て 良 か っ た ・・・

学生時代から大好物で昔やった展覧会にも行ってるんですが、やっぱり今見ると視点が違うので色々新しい発見がある(これは去年月岡芳年をはしごしたときも思いました)。
そして「生もの」を目にすると、平板な複製プリントではないレイア―感がちゃんと分かるのが大好き。木版で色を「重ねている」のが分かりますもの。
一応私は美術系大学のデザイン系出身で、丁度アールヌーボーとかが盛り上がっていた時期。
モリスはデザイン史の授業で知ったわけですが、それ以前にも(大学入学前の中高時代)そういう装飾デザインとか大好物で、喫茶店に飾ってあるミュシャのポスターを見て「このイラストすごい!好き!」と目コピーしたりしていたわけですよ。
(今だったら検索一発で分かるんだけど、昔は作者名を調べるとか本当に困難で、「あのきれいなイラスト」の作者が「100年前のミュシャと言う人」と知ったのは大学に入ってからでした)

今回は何か所かの映像が中々面白かった。
レッドハウスの移動カメラとか(昔だったら写真を並べただけだったなー)、臨場感が楽しいし、年表のスライド動画とか「これっぽいの何か作れる…かも??作れたら面白いかも??」と思いながら見ていました。
& テキスタイルデザインの元になった植物の写真展示が、ちゃんとそのデザインに合わせた写真で「確かにこの形…」と納得したり。
柘榴は、日本のと形が違っていて、本当にあのデザイン通りだったり。
やっぱりケルムスコットプレス好きだーーーとなったり。
本が、本が楽しすぎる…!活字が美しい!!

久々に何か作りたくなりました。バカみたいな手作り感溢れるもの。
※8月上旬に行っておけば、8月の空いている時間をもう少し有効に使えたかもしれない、というオチ。

2021/8/20  11:22

束の間太陽  日々雑記

超久しぶりに朝から太陽を拝んでいますが、南西から雨雲接近中につき、おそらく午後からは雨になっていく模様。
でも、朝からは洗濯外に干せたな〜〜(天気予報信じて今日も浴室乾燥にぶち込んだよ orz)。

雨続きだし、災害も多発しているし、感染者は日々跳ね上がって行ってるし…で、本当に外出にも気を遣う様な状況ですが、気持ちも段々下降していて、こう何か気分転換は無かろうかと色々グルグル考えてしまいます。
車で行って帰るだけのドライブとか > < ;;
ちょっとね、近鉄特急「火の鳥」のプレミアムシートで名古屋まで往復するだけの日帰りやってみようかと思いついたのですが(名古屋で向うでしか買えない餡入り外郎を買って、ちょっと豪華目の駅弁とお菓子買って、とんぼ返りで帰りの車内で食べながら帰るという…)、脳内で盛り上がった直後、職場から「旅行禁止令」が出ました・・・。

(´・ω・`)

そういや、2年前に「しまかぜ」で伊勢志摩ツアーを企画して、それも流れたんだよね・・・。
そのうち。きっと。

2021/7/17  19:24

気持ち・ささやか・祇園祭  日々雑記

京都に通勤するようになって、最初の頃(非常勤時代)はスルーしていたのだけど、いつの間にか粽を買うようになり、今やすっかり夏の行事の一つとなった祇園祭。
夜に行くのは人が多すぎてちょっと苦手なので、主に午前中に行くことにしているのです。
応援、の意味も込めて、去年と今年はこそっと粽だけを買いに…行ったけど、今年は午前中に行けなかったので仕方なしに夕方行ったら、かなりな人混みでございました……。
浴衣着た若者たちも闊歩してたしな――一応「見に来ないで」ってことなんだけどね(本当に午前中行きたかったんですよ〜)。

で、最近のもう一つのささやか(?)祇園祭シーズンは、お取り寄せの鱧チリでございます。
淡路産の鱧〜〜〜(卵付)&淡路産の玉ねぎ〜〜がセットで届く。
さいこう!
贅沢なんだけど、そうなんだけど、食べに行くより安いから!

2021/7/11  15:45

物語る  日々雑記

物語を作るときに、時系列順に描く、という作り方は殆どやらない。
起承転結で云うと、大体が承から始めて、途中でネタバラシ的に起をぶち込む形。
それでよく「マンガのコマ割りに慣れていなかったら、まず4コマで起承転結を考えてごらん」なんて教えてるな!ってわけなんだが、まぁ、幹としてはまず起承転結だから、それで時系列順に考えて、演出としては逆転させるのも有ということ。

先日、同じ学生のネームを見た別の先生に「普通この後ろに描いてる会話シーンから始めると思うんだけど、どうしてその夜の出来事を先に描いたのかしら(時系列的に逆じゃない?)」と言われ、「すんませんそれ私がそこから始めて回想で事情説明しろといいました…」
あーそうかー少女マンガだと複雑な時系列にしないで感情の方にウエイトを置くのかーと思った次第。
いや、少女マンガが全てそうだとは言わないけど。

というか、物語づくりとかコマ割りとかを改めて教えろと言われると、大変困る。
だって、そういうロジックで物語作ったことないんだもん > <
コマ割り…の方が理屈で考えたかなー(初めてまともに描いたマンガ第一作が仕事でやったやつで、物語は作れたけどネーム時点でのコマ割りがぐちゃぐちゃだったから、編集氏に赤ペン添削されたwその添削が「ここは大きく見せる」「ここは次につなげて」という理論の部分)。
でもそのコマ割りも、とにかく物語があってのコマだからねぇ。
何を描いていいか分からない段階で「コマ割り」だけ教えろというのは、ある意味無茶振りではなかろうか…としみじみ。

2021/7/4  19:42

幻のメニュー  日々雑記

出勤日は親の夕飯の段取りをしてから出かけるのですが、親が作れるものなら食材を揃えておく、作れないものなら作り置きしていくというパターン。
昔ながらの煮物系なら自分で作ってもらうんだけど、圧力鍋は使えないのよねぇ…。
あと、私が作り始めたメニューは、教えても素っ頓狂なことになるから、作らせるのはあきらめたり;;
そんなわけで、割とよく作る(買ってくる)のに自分では口にできない食べ物というのが、いくつかあります。
今日はそんなメニューの一つを、久々に作って、自分でも食べました。
新じゃが(一口大)と手羽の炒め煮(圧力鍋調理)〜〜この時期ならではで美味し!

明日は朝一で買い物に行ってから出勤なので、明日用意する予定の「鮎」(の塩焼き)は、またしても口に入らず……
どっかに食べに行きたいなぁ、美味しい鮎の塩焼き……
(川床とか、川床とか、川床とか…)

2021/6/18  12:50

欲望  日々雑記

そろそろ20th記念バージョンが来るか!?と思っていたら本当に来て、仕様も特別色も無茶苦茶好みで、ぐぬぬぬぬ・・・となっています。
ほ・・・欲しい・・・!
が、しかし、ノートPCの記念限定色でさえ欲しい欲しい言ってて、結局手が出せなかった自分に桁数が一つ多いこれは、ちょっとハードルが高い。

Fit 20th特別仕様車 Maison のローズゴールドメタリックが欲しいんじゃぁぁぁ!

と叫んでおく(叫ぶだけ)。
う〜ん、走行距離がもうちょっといってたら、思い切るんだけどねぇ。
(今の車を買った時点で購入貯金はやっているので、予算がないから買えないわけではない)
コロナの影響で出勤が減ったこともあって、ここ1年はそれほど走りこんでないのよ。なので、買い替えは次の車検(1年半後)の予定。
その頃には4代目のマイナーチェンジをしてないか、期待しよう。
(4代目の発売が遅れたから、マイナーチェンジ時期も遅くなるかもしれん orz)

2021/6/3  19:45

趣味の菜園  日々雑記

5月中旬ぐらいが嘘みたいに早い梅雨入りで、雨が続いていたので胡瓜の成長が遅々として進まず、今年は胡瓜収穫見込めないかもーーーと半分あきらめていたのですが、この一週間ほどの梅雨の中入りでめっきり伸びてきました。
太陽って大事!

でもって、3つのプランターに時間差種まきして、絶賛ベビーリーフ育成中です。
真夏の一番暑い時期2〜3ヶ月は流石に無理なんですが、9カ月ぐらいは蒔いては収穫蒔いては収穫できるので貴重なビタミン元。
あちこちの種を試してみた結果、アブラナ科10種類混合のいいのが見つかったので、ひたすらそれを蒔き続け中(レタス系は入ってない珍しいミックス。カラシナとかケールが多いので風味が良いのだ)。
モリモリしてるよ〜

クリックすると元のサイズで表示します

2021/5/30  11:01

ちょっとうれしい  日々雑記

出勤途中、深泥池でカワセミを見かけたり
長らく伸び悩んでやきもきしていた胡瓜のつるが伸びてきたり
ベビーリーフの発芽が早かったり

ささやかな楽しみをひろっています。

今日はね、去年咲いてなくて盗掘にあったとばかり思っていた笹百合が、無事咲いているのを見かけてほっこりしました。
去年は…タイミングが悪くて見られなかったのかな…。

2021/5/26  21:22

去年の今頃  日々雑記

まだまだ良いマスクが買えなくて困っていましたねぇ、1年前は。
お一人様1個の制限とかもあったし。

店頭でたまたま見かけたマスクを買ったら、使い心地が良かった→
次の日行ったらもう完売で入荷未定→
ネットで検索→
バカ高い価格でしか売っていない(買わねぇ!)
と、そういう事の繰り返しで。

不織布マスクは仕事上必需品で、且つ人前で喋らなければいけないので、やはり少しでも息苦しくないものを探してしまいます。
でもって、去年後半からは大分価格が安定してきて、気に入っているマスクがネットでも比較的正価前後で買えるようになったので、安いのを探しては買い、見つけては買い…多分今年いっぱいの出勤には困らない程度にはストック。
ただ、そろそろ暑く息苦しい季節になってきたので、思いついて、去年の夏に使って良かった息のしやすいマスクを検索してみました。
去年ネットで調べたときには正価の5倍とか6倍だったやつ。
安い!今みたら安いのあった!8個セットで正価より安い!!というか、半額!?
思わずポチっとなした後・・・「も、もしかして私、0を一つ見落としてたんじゃない??」と心配になって2度見しました。
大丈夫なようです。

メーカーさんもフル回転で製造してるんだろうな〜。有難し。

2021/5/22  14:05

満を持して  日々雑記

いや、そんな大層なものでは決してないのですが(笑)。

鹿モモ肉の1kg の塊を水曜日から冷蔵庫でじっくり解凍。
丁度生ビーツが出回っているので、日曜にボルシチを作ろうと思って…しかし、兄夫婦が食べにくるにしても1kg は多かろうと云うことで、前々から作ってみたかったローストディアにチャレンジすることにしました。
昨日、丁度いい具合に半解凍状態になっていたので、300g 分をカットして、脱水シートできっちり包んで下準備中(通販で利用している北海道ジビエのお店は、血抜き処理が上手なので神経質に下処理しなくても大丈夫なのだ)。
レシピ検索すると、炊飯器を使う低温調理が結構出てくるんだけど、うちのガス炊飯器ではできませんw(そして、鹿肉の低温調理は、素人は怖い気がするのよね)
オーブン余熱利用かな〜。

初チャレンジのロースト、どうなるかな。どきどき。


2021/5/17  13:16

とらネコのルーツ  日々雑記

某・酒屋の種苗会社が作ったペチュニアの新品種で、その名も「とらネコ」というのがあります。
確かデビューが昨年だったので、もうピッカピカの新品種。
で、店で見かけて名前に負けて買ったのが11カ月前だったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな色柄でね、まぁ「とらネコ」……?というにはかなり力技なネーミングではあるのですが(件の種苗会社は「茶色い柄がユニークな」とか言ってますけど、これは色的には茶色とは言わないよ、紫系の範疇だよ?頑張ってもえび茶系?)。
で、この苗が越冬して、根から新株も増えてきたので、今年も咲くかな!と楽しみにしていました。
ただね、改良自体が力技な新品種の場合、往々にして「その花色にならない」場合が多い。所謂先祖返りというやつです。
まぁ、それも込みで、ちょっと楽しみだったわけです。
最初に咲いたのは親株で、こちらは無事とらネコ開花。
次のつぼみが…ちょっと紫濃いめ?と思って待っていたら、開いた花が
クリックすると元のサイズで表示します

ああ、これが元ネタなのね〜と納得。
その後、もう黄色のラインもほとんど出てないこんなのが咲いたり
クリックすると元のサイズで表示します

既に「色」もなくなったこんなのが咲いたり
クリックすると元のサイズで表示します

最終的に見事な寄せ植え状態に;;;
クリックすると元のサイズで表示します

これ全部、元は一株から出てます。
お、、、お得、、、???
因みに株分けして隣の鉢に植えたのには、とらネコは一匹も咲いてくれませんでした。
残念!

2021/5/7  14:09

自分は恵まれている方です  日々雑記

授業が始まったらやっぱりバタバタしていて、1カ月以上間が開いてしまいました。
カリキュラム変更とかね、まぁそれなりに色々(去年、遠隔授業の為にひたすら技法動画作りまくって「これで決定版!」と思っていたのですが、そのカリキュラム変更の為半分ぐらい無駄になってしまったという…そもそも科目名変わっちゃったから、動画のタイトルからして変わっちまったぜ!)。
しかし今年も非常事態宣言発出などがあって、「隔週で遠隔にしてくれ」「できる限り遠隔にしてくれ」という要請は来ました。
去年程ガチガチではないし(去年は対面授業できるか?できるか?と引き延ばした挙句に、結局前期フル遠隔になりましたし、やる方もノウハウが無く手探りで、大学の対応も手探りで(システムも度々ダウンしてたし!)、まぁ一番の被害者は新入生だったのですが、こっちも大概ひどい目にあったというか)、何とかかんとか対応の現状。
入国できていない留学生が今年は一番可哀想かな。

そんなこんなで、少なくとも5月一杯は出校数も減っています。
(家から遠隔授業対応はしていますが)
去年がそうだったんですが……家から外に出ないと金使わないな!うん。
出勤すると、少しずつでもやっぱり出費はあるんですよね(御飯代とかね。あとね、化粧品とか使うから減りが早いの)。
ぶっちゃけ去年は、例年より貯金ができたよ!これは多分、趣味の旅行にも行けていないせいです。
でもまぁ、趣味の旅行=ストレス発散なわけで、時々「脱走したい!!!」と叫びまくっていたのも事実。いつもは旅行という御褒美を目の前にぶら下げて、修羅場を乗り切っているんだもん。
そして去年からドはまりしたのがふるさと納税でした…新たなストレス発散先;;;

などとごちゃごちゃ言いつつ、追い込まれることなく日々過ごしている自分は、まだまだ恵まれている方だと認識しております。はい。
(大学に来ている(来られている)学生もね!)



2021/4/4  4:59

少しだけ・・・  日々雑記

車通勤するときは、基本的に時間最短ルート(距離というよりそのときの混み具合とか)を取るのですが、花見シーズンとか紅葉シーズンとか、走っていて気持ちの良いシーズンは少し回り道をすることがあります。
まぁ回り道と言っても、ルートを変えるだけで、それ程寄り道するわけではないのですけど。
そして、ゆとりのある時に限りますけど。

オリエンテーション期間の1週間ほどが丁度桜シーズと重なったので、改まって花見に行く余裕はないけど走りながら堪能することはできる!と、久しぶりに通るルートで通勤していました。
奈良→京都の移動だと、あちこちに「地元の名所」みたいな場所がこっそりあったり。
北山より北側の加茂川上流(京産大回りルート)も、久々に走ったらきれいだったな〜。

というわけで大学近所のお寺の枝垂れ桜を1枚。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ