2011/3/8  22:12

最近ハマっている、鍋。  れしぴ

近所の肉屋で配布しているレシピカードにあったのですが、これがやってみるとおおハマりでした。
以下はうちでのアレンジ版(レシピカードまんまではありません…)ですが。

生姜鍋
具材…豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)
    蕪又は大根(薄い短冊切り又はいちょう切り。余り小さいと炊いた時行方不明に;)
    しめじ
    青葉野菜(三つ葉、せり、水菜等好みで)
    白菜
    白ネギ(1/2本程度。5、6cmの長さで千切りにする)
※以上を普段の水炊き等を参考に人数分適量用意する。
※締めは鍋用煮込みうどんで!
出汁…鍋に水を入れ沸かし、酒・鰹だし・醤油、好みで砂糖少々(麺つゆ利用も有)で味付け。
    味の目安はやや濃いめのうどんの出汁といったところ。
    味が定まったら、すりおろし生姜大匙1〜2杯を入れ(好みで七味も投入)、
    水溶き片栗粉を入れて少しとろみをつける(つけすぎると具材の煮えが悪くなるので注意)
煮えにくい具材〜しめじ・かぶら・白菜の軸部分〜から入れ、豚バラ・白菜の葉部分・青葉野菜を入れ、一渡り具材が入ったら上に千切り白ネギをのせて出来上がり。
生姜ととろみがミソです。味はうどん好きならハマると思います…締めの煮込みうどんが絶品です!
具材は好みだと思いますが、片栗のとろみのせいで火が通るのにやや時間がかかりますから、鶏肉などは避けた方が無難。
かぶら(大根)・豚バラしゃぶしゃぶ用・白ネギはデフォルトで入れたいところ。白ネギは千切りにすると蕩けて出汁と化すので、苦手でなければ1本使っちゃっても大丈夫。
鍋つゆなど別買いしなくてもいいので結構安上がりなのも◎だと思います。
温まりますよ〜是非お試しください〜!

   
   

2008/10/30  23:12

お手軽です。  れしぴ

久々にレシピです。
冬の荻原家定番メニュー・野菜とウィンナーの蒸し焼き。
材料はウィンナーソーセージ(皮のしっかりした本格派がベストです)2〜3本×人数分・ブロッコリー大なら1個小なら2個・エノキ茸(大袋)1袋・プチトマト1パック

@ブロッコリーは子房に分けて固ゆでしておく

クリックすると元のサイズで表示します
A大き目のタッパ(800ml〜のもの)を用意し、
 アルミホイルを長めに切って型に合わせて敷く


クリックすると元のサイズで表示します
B用意した野菜とウィンナーを並べ



クリックすると元のサイズで表示します
Cアルミホイルを閉じてタッパから外す

D200℃のオーブンで
 10分から13分蒸し焼きにする
クリックすると元のサイズで表示します
Eお皿に移してホイルを開ければ出来上がり♪

ポン酢や玉葱ドレッシングなどで頂くと
あっさり美味。
所謂茹で野菜のサラダより栄養も逃げず、熱々で食べられるのがミソ。
ウィンナーは切り込みを入れておくか、軽くボイルしておけば、火の通りを心配しなくて済みます。
使う野菜も、その時の旬や安いものを使えばOK。カボチャやアスパラ、エリンギなんかもお勧めです(カボチャはレンジ調理してからですね)★
そしてウィンナーを入れると、それで主菜になるので楽ですよ〜。
お野菜好きな方は、是非どうぞvv
そうそう、蒸し焼きなんで結構アルミホイルの底に野菜類から出た水気が溜まってるんですけど、これが美味しい!んで、捨てずに飲んで下さいね。


2007/1/31  21:09

菜の花飯  れしぴ

そろそろ盛んに出だしたので菜の花飯。
私は菜の花の緑をきれいに出したいので、さくら飯(醤油飯)の炊き上がりに混ぜ込んでいます。
<前準備>
御飯3合分は炊く2時間前に洗って普通に水加減して仕込んでおく。
別添えの鶏そぼろを用意しておく。
@御飯を炊く直前に、仕込んであった水30tほどを取って、代わりにお酒大匙2杯・醤油大匙1杯・あれば昆布だしか昆布茶小匙1杯を入れて炊き上げる。
A菜の花(もしくは、なばな等のかき菜)一束(一袋)は塩茹でし、水にとって色よく仕上げ、水気を固く絞って微塵に切る。
B炊き上がった御飯に切った菜の花を混ぜ込んで出来上がり。鶏そぼろを添えて頂く。
甘めに作った炒り卵を一緒に添えても美味。
で、これ、多めに炊いて余った分はお結びにすると、一度で二度美味しいです♪お結びにするときは、全体に塩を振って味を調整して握ると良いかと。
お弁当箱に詰めて、上に鶏そぼろと炒り卵を乗せると、お手軽菜の花弁当のできあがり(駅弁風です…笑)。お子様にうけるかも?

菜の花は季節物なので、この時期はパスタに使ったりサラダに使ったり、色々活用したいですね★(菜の花入りボンゴレが食べたくなりました〜)



2006/12/6  22:01

白菜鍋・追加  れしぴ

因みに、昨日のブログの分量は3〜4人前で、鍋の大きさを変えたら何人前でも出来ます。一人用土鍋で一人前もOKですよ(分量は適量ね)。
でもって、もっとシンプルな元祖白菜鍋は…
20pの鍋(上等の鍋だと後始末が大変なのでアルミ鍋なんかが良い)の底に豚バラスライスの脂身多めのところを敷く→
適当にちぎった白菜の軸の部分を上に並べる→
その上にまた豚バラスライスを並べる→また白菜→豚バラスライス→白菜
と並べていき、上から荒塩を振って、蓋をして蒸し煮。
水も何もいりません、白菜から出る水分で程よく煮えたら出来上がり。
昨日の鍋は結構スープまで美味しく飲んで暖まろうタイプでしたが、こっちは白菜だけわしわし食べるぞ〜と云う感じです(^.^)
でもって、昨日の鍋だと、使う豚肉の部位はお好みで(こってりがよければバラ系を、あっさりだとモモを)なのですが、こっちはバラを使わないと焦げます。使っても底は少々焦げ加減ですが…だから安鍋の方がいいんですよね。

何か、白菜の消費法と云うリクエストがあったんですが、
う〜ん、他に何があるかなぁ。
クリーム煮とかは定番ですよね。クリーム煮応用のグラタンとか。
浅漬け風サラダ。
白菜を千切りにして軽く塩を振り、重しをして一晩寝かす→水気を絞って柚子(すだちやかぼすでも可)の絞り汁をかけて馴染ませる。スライストマトなどを添えてサラダ感覚で。
他に何かお勧めがあったら教えて下さい★

2006/12/5  23:59

白菜の季節  れしぴ

白菜が一玉200円を割ると、しみじみ冬を感じますねぇ。
早速一玉買ってきて、これで5、6回は何かおかずが作れるぞ♪と云うわけで本日は白菜鍋でした。
水炊き、とかいう定番鍋ではなく、鍋にひたすら白菜をぎゅうぎゅう詰め込んで、その間にまた豚肉ときのこを詰め込んで、蓋をして蒸し煮にするやつ。
用意する物は水炊き用の鍋(26pぐらいの平鍋)、
白菜10枚前後・豚肉スライス150g・舞茸1パックに塩と出汁(お湯200tにお酒大匙1〜2、薄口しょうゆ大匙1、あれば麺つゆ大匙1を合わせたもので十分)。
@鍋に高さを合わせて、食べやすい大きさに切った白菜を回りから並べて詰めていく。軸の固いところを先に外側に詰めた方がやりやすい。
Aぎゅうぎゅうに詰まった白菜の隙間をこじ開けて、一口大に切った豚肉を重ならないように詰める。無理に押し込んで丸まってしまうと火の通りが悪いので要注意。
B益々ぎゅうぎゅうになったところへ、一口大に裂いた舞茸を突っ込む。
Cどうしようもなくぎゅうぎゅうになった具材の上から塩をさらっと振り、出汁を均等にかけて蓋をし、蒸し煮にする。火加減は中火→最後は弱目で。
D途中、煮え具合を見ながら塩加減も調整、薄かったら塩を振る。具材が丁度いい塩加減だと汁が辛いので、具材は少し(結構?)薄味の方が○。
豚肉に火が通って白菜の軸がしんなりしたら出来上がりです★
大体最初に詰め込んだ量の半分ぐらいになりますね。
きのこや味付けは全くの好みでOKです。
安くて美味しくて温まりますよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します before
詰め込んだところ



クリックすると元のサイズで表示します after
へたれ白菜…


え〜っと、画像をクリックして頂くと元のでかいサイズが出ますので、どういう状態で詰め込まれているか御覧頂けるのではないかと…(笑)。

2006/11/14  21:59

冬の定番  れしぴ

鍋と共に定番になってくるのが、豚汁や粕汁などの具沢山汁物。
やっぱり温かいのが一番ですしv
そんな訳で、本日のメニューは、豚汁&みぞれ和え&しじみ御飯。
みぞれ和えは何か一品副菜が欲しい時に便利です。
今日はきのこで…
用意する物:好きなきのこ類(和えるのでばらしやすい物が楽。しめじ・まいたけ・平茸・えのきなど)2パックと大根1/4程。ポン酢と好みでもみのり。
@きのこ類は一口大にほぐして(えのきを使うなら半分の長さに切る)さっと湯通しし、ざるに上げて冷水で冷まし水気を切る。
A大根をおろし水気を切って、やはり水分を絞ったきのこと和える。
B好みでもみのりも入れて和えると風味が良いですv
小鉢などに分けてポン酢をかけてお召し上がり下さい。
ポイントは極力水気をきる(絞る)事かなぁ…べちゃべちゃになるので。
ただ、大根おろしの水気をきりすぎると和えづらいので、取り敢えず絞った状態で和えてみて、ぱさぱさだったら少し絞った水分(捨てずに置いておく)を足すと良いです。
余談ですが、大根おろしの水気って、民間伝承的に風邪薬?なので、そのまま捨てるより味噌汁とかがあったら入れちゃったらいいですよ〜。


2006/10/22  22:38

大根葉のふりかけ  れしぴ

昨夜いきなり、大根葉が大量に到来。
ご近所の方に漬物用を頂いたのですが、漬物するにしても全部は多すぎる…と云う判断で、半分は久々にふりかけにしてみました。

@大根葉は傷んだところを取ってから洗い、さっと塩茹でし冷水で冷ます。
Aよく水気を絞り、端から細かくみじん切りにする。
Bフライパンに胡麻油を熱し、みじん切りの大根葉(フライパンに入れる前にもう一度絞って極力水気を失くす)を炒める(中〜強火)。どちらかといえば油少なめに炒る感じでやった方がヘルシー。
Cあらかた水分がとんだら、しょうゆをかけまわし、再度焦がさないように炒って(控えめの中火)しょうゆの水分がとんだら火を止める。しょうゆは冷めたら味が飛ぶので、味見してみて少し濃い目にした方がよい。
D上がりに削り節(細目)をたっぷり入れて均等に混ぜ合わせ、そのまま冷ます。好みによっては、削り節ではなく炒りゴマを入れても。

普通に冷蔵庫に保存して一週間ぐらいでしょうか。
処理がちょっと手間(…みじん切りが ^^;)ですが、まとめて作ると冷凍保存も出来ますし(うちはタッパに小分けして冷凍〜)栄養満点ですよ。
熱々御飯の友ですv 是非お試しあれ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ