ブログ引っ越しましたhttp://caffein89.blogspot.com

2010/2/27

シテヤンヨ  

クリックすると元のサイズで表示します
CAFFEINシスターズ、というタグがニコ動にあったので嬉しくて描いたけど
実は完全に女なのは弱音ハクだけである。
MMDでリツとハクが共演してる動画、もっと増えろ〜

2月が終わってしまうので慌てて更新しようと思いましたが
最近シテヤンヨくらいしかまともに描いてませんでした。

シテヤンヨ (してやんよ) とは - ピクペディア | ピクシブ百科事典
http://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%A8

シテヤンヨとは (シテヤンヨとは) - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%A8

なんかシテヤンヨオリジナル曲とか出てきて面白いことになってますねw
ものすごく描きやすいです。顔と足しかないから。
なんか可愛く見えてきました。末期。
特にこの動画はCAFFEINシスターズというタグにつられて見たのに関わらず
シテヤンヨしか目に入りません。


恐ろしい存在感だ。
もっと愛でられるべき。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

もう私はだめかもしれない。

これだけじゃなんなので。
クリックすると元のサイズで表示します
半ケツ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
夏コミとボーマス12のサークルカット。
両方抽選なので、落ちたら見なかったことにしてください。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
過疎子、絶賛停滞中。忘れてはないんですが展開につまってます。
過疎子どうしたゴルァとか拍手がありましたがいっそ忘れて置いてください。

クリックすると元のサイズで表示します
サークルMUYMさんのゲーム「FifteenHounds」の
店舗購入特典の冊子にゲストとして1枚描かせていただきました。
ホワイトキャンバス用の冊子に載ってるようです。
みなさん見かけたらどうぞご購入ください〜
http://muym.web.fc2.com/

というわけで。今回はその辺で。

此処から先は私の脳内妄想なので絵だけ見に来た人や忙しい人は読まなくていいですw

前回の記事のコメントにこんな書き込みが。
(勝手に転載してすみません。コメントありがとうございます。)
−−−−−−−−−−
投稿者:ゆたぽん

SilentWorld 読ませていただきました。
読んだ後、取り留めの無いことを考えてみました。
電脳世界に遊ぶAIにとって電脳世界と現実は違うものでしょうか?
AIにとって世界との接続部はデータのみ。
完全にシミュレートされた電脳世界ならば(データという観点では)現実世界との違いは有るのでしょうか?
有るとすれば経過時間でしょうか?物理時間通りにしか進まない現実世界より電脳世界のほうか進行速度は格段に速いのでは?
ならば外部から他人の経験を流し込むより先輩AIと電脳世界で経験を積ませるほうが自然な感情が生まれるのでは?
それがハクだったら?・・・・・
−−−−−−−−−−−−−
それいいですね。そういう話だったということにしましょうw

前も言いましたが雰囲気だけであまり考えてないんですけど、
SilentWorldに限らず今まで描いたボカロ漫画のミク達は
人工無脳やTwitterのbotがものすごく進化したようなもの、
人間のような振る舞いをするようにプログラミングされているだけで
本当に感情があって反応しているわけではない…という設定です。
SilentWorldでミクが見ていた世界は、そのための膨大な数の経験値です。
人間と違って赤ん坊から育てるわけに行かず、生まれ落ちた時点で見た目の年相応の受け答えが必要ですからね…

でも私が思うに、そもそもまず心とは何かと。
(哲学みたいな話になってしまいますが)
突き詰めれば「欲求」、自分にとって有利か否かを判断するためのものじゃないか。
この食べ物はうまいとか、この土地は住みやすいとかいう生存本能、
それを守ったり得るための縄張り争い(怒り)、
そして繁栄するために異性を求めたり家族を守ったり(愛?)。
つまり生物としての反応。
でもロボットは繁殖しませんよね。
だから人間の真似っ子の域を出ないわけです。

しかし、ミクはハクと出会った事によって「興味」
つまり欲求が生まれて、人間のそれに一歩近づいたんじゃないかなあ。
どういうメカニズムで生まれたのかまではわからないですけどw
そして自分からもとめるという行為によって、
それまでの受身の経験値とは比べものにならないくらいの経験値を得たと。
そういうことですかね?

いつもそんなこと考えてはTwitterにポストしたり
こんがらがったりしてます。

まあ、こういう感じであれやこれや屁理屈をこねることによって
漫画のネタをひねり出しています。
本職のプログラマーや本格SF好きの方には間違ってるといわれそうですが、
素人の屁理屈なので許してくださいw

そういうの考えるのは楽しいですよね〜
68



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ