[新潟サーフィンスクール] 無料体験スクール 予約受付中☆ 今年こそサーフィン・ボディーボードに挑戦したい、なかなか上達しない、練習の仕方がわからないという方☆ 無料体験サーフィンスクールに入校してみましょう! 楽しみながら上達する練習方法をお教えします(^^ゞ サーフサイズドットコム・ブログランキング参加中

2009/7/10  10:29

西〜  サーフィン

今朝は西風の突風により一気にサイズUP

白岩近辺は胸〜

風が強いので注意が必要ですが、風&流れに注意して十分サーフフィン可能です。

一昨日の教訓を生かして今日は外さないようにしなくっちゃ(^_-)-☆

夕方の風が弱くなる時間帯が狙い目のようなので、午後から各ポイントをチェックしながら良いポイントを探しましょ♪

暖かくなりサーファーの数も増えてきました。

海の事故が増えるこの季節。

サーファーの事故だけは絶対に一件も起こさないように個々で十二分に注意してくださいね!

絶対に無理は禁物です!


☆最近、新潟で起きた事故例☆

◇先日、西風時白岩(保育園前)で入水中のサーファー(初心者2人組み・使っていたギアからすると、ムラサキスポーツ所属だと思われます)が西風にあおられカレントに乗ってしまい、テトラポットの上に打ち上げられ海難救助隊に緊急救助されました。
幸い大きな事故にはなりませんでしたが、もし死亡事故などになった場合、ポイント閉鎖や厳しい管理規制がかかり、他のサーファーに多大な迷惑をかけてしまいます。もし、危なそうなサーファーを見た場合は、遠慮せずに注意する事を忘れないでください!
皆の海はみんなで守って行く事を忘れずに、お互いが注意しあって良い環境作りをしていくのもサーファーとしての大切な心がけだと思います。

◇一昨日の白岩ポイントで休憩中のサーファーが板を飛ばしていたそうです(^.^)
ギアの修理はお金をかければ何とかなりますが、万が一、人に接触して怪我をさせたりする場合も想定できます。
風の強い日は、板を飛ばされないようにしっかりと管理する事もお忘れなく!

◇これも一昨日の2ノ町ですが、新川2ノ町ポイントでサーフィン中に堤防に接触
幸い怪我はありませんでしたが、板がクラッシュしてしまいました。
テトラポットや堤防・リーフのあるポイントの事故は毎年後を絶ちません
十分に注意してサーフィンするようにしましょう。

◇海での接触事故も多くなってきました。
サーファーが増えるこの時期、隣との距離やライン確保など沢山の注意が必要になってきます。
エキスパートの方を除き、接触してしまうほどの距離でサーフィンする事は控えるようにしましょう
出きるだけ、距離をとれ危険の少ないポイントをチョイスして事故や怪我を事前回避するように心掛けてください。

NSA(日本サーフィン連盟)に加盟しているサーファーは自動的にサーフィン中の事故に対する賠償保険に入っていますが、そうでない方は各自保険の加入をオススメ致します。
事故は事前準備や実行でほとんどは防げる物ですが。突発的な事故も勿論あります。
沢山の方々と海というフィールドを共有しながら楽しむのがサーフィンです。
各自が責任としっかりとした意識の中でより安全に楽しくサーフィンする為に、各自がしっかりと認識して行動する事をオススメします。

NSA登録・賠償保険ともに店頭で取り扱っておりますので、ご希望の方は店頭にてご相談ください。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ