renaissancejapn@aol.com

2010/4/9

Rothschild-2   モーゼス・アムシェル・バウアー  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します
ロスチャイルド家の家紋


モーゼスは、ロスチャイルド財閥を築いたマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの父で、フランクフルトのゲットーで、両替商と絹布貿易を営んでいました。 その時、家の前に掲げていた看板が、「赤い盾」=ドイツ語で Rot Schiled(ロートシルト)、英語読みでロスチャイルド(Rothschild)であります。  

ヨーロッパでお住まいの方は経験があると思いますが、現地の人には、ロスチャイルドとかロートシルトといっても分かってくれずに、ローチーと発音すれば、ロスチャイルドの事であると分かってくれる場合が多くあります。

家名は、バウアーだったのですが、マイヤーの時代に、ロートシルト(英語読みロスチャイルド)という家名に改姓しています。




天皇家の紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/242.html
天皇家 もう一つの紋章
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/244.html







------------------------------------------------------------------------













3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ