renaissancejapn@aol.com

2010/7/24

アーヘン大聖堂  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します
アーヘン大聖堂


今週の初めは、アーヘン大学の先生達と、アーヘン大聖堂の中庭にあるレストランで食事をしました。  この大聖堂の歴史は古く、786年にカール大帝がアーヘン宮殿教会の建設をはじめた事にはじまり、936年から1531年にかけての約600年間に神聖ローマ帝国の30人の皇帝たちの戴冠式が執り行われた場所でもあります。

よって、ドイツではありますが、アーヘン市民の大半はカトリック教徒のようです。




ここには、プロヴィンスの目といって、フリーメーソンのシンボルマークである怪しげなる目が彫刻されております。


クリックすると元のサイズで表示します
アーヘン大聖堂にある 「プロヴィンスの目」


激しい争いをおこなったフリーメーソンvsカトリックのはずですが、何故にカトリックの聖地にフリーメーソンのシンボルマークであるホルスの目があるのでしょうか、研究が必要です。



全てを見通す目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/589.html
ホルスの目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/590.html



フリーメーソンとは何か 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html


3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ