renaissancejapn@aol.com

2006/2/19

イスラム教の問題点-2  宗教・思想・哲学・文学・芸術

イスラム教の女性差別について考えていきたいと思います。


「男は女の保護者である。それは、アッラーが、男を女より強くして、自分の財産で、女を養うためである。女は従順に男の留守を守りる。女が不従順であったり、素行不良の場合は、これを諭し、それでも効果が無ければ、寝室に閉じ込め、それでも効果がなければ、たたきなさい。(女性への暴力を働いてもよい)。それで、言う事をきけば、それ以上はしてはならない。」 コーラン


イスラムの教えで、妻を4人まで娶る事ができるのは、戦争の際に未亡人となった女性の救済策だと、ポジティブに我々日本人は教えられていますが、私が語学学校で知り合ったイスラム女性の意見では、それは身勝手な男の論理であると聞きました。

どういう事かというと、そのロジックであるならば、別に4人という制限をつける必要がなく、真剣に女性の生活保護を考えているならばイスラム社会が、醜いまでに酷い女性差別をやめて、女性の社会進出を促進したり、イスラム社会や国家がサポートすべきものだという論理です。 

4人と決める事に、やはり何がしかの倫理的なひけ目を感じた事があったのだろうという事でした。 また、聖戦で略奪した、異教徒女性の性奴隷は、何人持っても良いという事を見ても、とても女性の事を真剣に考えたものではなく、男性の性欲を満たす為の、身勝手な決まり事は自明です。

ムハンマドは、神のお告げで、4人の妻までは認めていましたが、自分には制限をつけませんでした。 後に、神のお告げがあり、9人までとなるのですが、何のことはない、その時点で自分は9人の妻を持っていただけの話です。

偉く馬鹿らしく、些細な事に、いちいちお告げをする神様にも呆れますが、そんな宗教を有り難がる人たちも、どうかしていると思います。 


私は、宗教は信じておりませんが、無くしてしまえという意見も持ちません。 信仰により、社会の安定化が図られ、人々の精神を癒してくれるなら、それはそれで価値があるじゃないかという意見ですが、このイスラム教の暴力性と、女性に対する差別には、辟易とする物があります。

少なくともこの2つの問題に関して、改革して欲しいものだと思います。


15

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ