renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/30

邪馬台国と卑弥呼-41  太陽神信仰  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
大神神社


大物主大神信仰は、4〜5世紀に全盛を迎え、6世紀になると大和朝廷で太陽神信仰が盛行し、天照大御神が皇祖神とされ、高天原という神の世界が構築されます。

大物主大神を、高天原に迎えてしまうと、大物主大神が最上位にきてしまう可能性があるので、それを恐れて、大物主大神を国津神の最有力者である大国主命と結びつくようになりました。

また、大国主命と結びつける事により、天津族(天孫族)より、格下にしたわけです。


大物主大神は、素戔嗚尊と奇稲田姫の間に生まれた5男で、物部氏の始祖である饒速日命(ニギハヤヒノミコト)であり、出雲の大国主命よりも格が上で、大物主大神と大国主命は同一ではありません。









10

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ