renaissancejapn@aol.com

2011/3/6

小沢一郎と郵政国有化  国際政治・金融・企業

昨年の2月3日に、東京地検特捜部が小沢一郎を不起訴処分としました。 それを不当として、東京の市民団体が小沢氏を起訴するよう東京第5検察審査会(検審)に申し立てました。

キャンベル米国務次官補が、2月2日に小沢と会談した事が、報道され、もしかしたら密約をし、小沢が不起訴になるのではと思った人も多いかと思います。



小沢不起訴の真実
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1063.html


それを受けて、私はBlogで、小沢は亀井と組んで、郵貯のお金(国民の貯金)を運用と称して、アメリカ国債を買う事で、政治的に不起訴にしてもらったのでは? と紹介しました。


背景にあるのが、アメリカの財政赤字とオバマによる兵士のアフガニスタン派遣費用です。 案の定、昨年の4月の時点で、公表されている数字だけでも、郵貯から3000億円の金がアメリカの国債に消えたと報道があります。  

いうまでもなく、今日現在ではもっと巨額のお金が動いていると思います。


郵政民営化に反対するお馬鹿さんが多くいますが、民主党、および小沢、亀井にとっては国有化することにより、運用と称して、その金を自分達の為に使おうとしているのに気づかなければなりません。

同じ例が、社会保険庁の年金です。 国民が真面目にかけてきたお金が消えてしまっているのです。 そして、無いものはどうしょうもない!  そして、皆さんは年金の支給時期を引き上げられ、絶対金額を減らされ、恐らく悲惨な老後が待っていることでしょう。

老後、お金に困り郵便貯金をおろそうととしたら、郵便局からは 「 お金がどこに消えたか分かりません。 だからおろせません 」 と、年金同様に言われるのです。



日本国民の最後の郵便貯金を、小沢らが自己保身・自分の権力確保の為に中国・韓国、またアメリカにただ同然にくれてやっているのが分かりませんか?


こんな連中をまだ応援している国民がいるとは、全くもってアホとしか言いようがありません。 



小沢君、君は逃げれんよ!
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1058.html
小沢君の不正蓄財
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1057.html
卑怯 小沢君 !
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1054.html
小沢君、 君はなめられているのだ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1020.html



21
タグ: 政治 国際関係 企業

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ