renaissancejapn@aol.com

2012/2/18

クリックすると元のサイズで表示します
光市母子殺害事件の犯人 在日朝鮮人・福田孝行


犯人・弁護団ともに、鬼畜としかいいようのない、ヘドのでそうな事件ですが、この2月20日に最高裁判決があると知り、13年前(1999年)のこれだけ、犯罪が明らかな事件の裁判をまだやっていたのかと驚きました。



国民が知らない反日の実態 光市母子殺害事件の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/866.html




-------------------- 山口県光市 母子殺人屍姦事件事件 ---------------


山口県光市 母子殺人屍姦事件事件とは、1999年4月14日の午後2時半頃、当時18歳の福田孝行が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入り、

排水検査を装って居間に侵入した福田孝行は、女性を引き倒し馬乗りになって強姦しようとしましたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意し、頸部を圧迫して窒息死させます。

さらに、少年は女性を屍姦し、傍らで泣きやまない娘(11ケ月)を床にたたきつけ、首にひもを巻きつけて窒息死させました。 そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走。

少年は盗んだ金品を使ってゲームセンターで遊んだり、友達の家に寄るなどしていましたが、事件から4日後の4月18日に逮捕された事件です。

----------------------------------------------------------------------


当初、福田は事件を全面的に認めていましたが、左翼弁護士集団がついてから、おどろくような発言を法廷で行いました。 

これは、この腐れの弁護団の入れ知恵によるものですが、屍姦をおこなったのは、精液を注入したら生き返ると思ったから、その儀式であった。 乳児を絞殺したのは、泣き止ますために、あさすため両足をもって高い高いしていたら床にたたきつけてしまい、おしゃれさせてうやろうと思い、ひもで首に蝶々結びしたら死んでしまった、またドラエモンがなんとかしてくれと思った、などふざけた発言を連発。 


母親を目の前で強姦・殺害され、床にたたきつけられひもで首を絞め殺される痛みと恐怖の乳児の事を想像すると、怒りに震えてしまいます。


正直言って、これは弁護団共に、法廷侮辱罪に相当するものであり、これにかみついた橋下弁護士(現・大阪市長)に対し、またお馬鹿なメディアがあおり、橋本弁護士をたたく始末。  

もういい加減、我々日本人も我慢の限度を越えてきたというものです。 


政権与党になると、結局は検察や裁判官などの人事権を掌握するわけですから、反日政党の民主党が政権与党にいる限り、お馬鹿な事は続きます。 このような反日政党、日教組、左翼裁判官、左翼弁護士をのさばらせている我々にも問題があるといえます。 


日本を正常にもどさなくてはなりません。


クリックすると元のサイズで表示します
広島県世羅高校の韓国修学旅行での光景
日教組の反日教員によって、独立運動記念公園で生徒に「日帝侵略と植民地蛮行を謝罪する文章」を朗読させ、さらに居並ぶ韓国人に向かって膝をつかせて謝罪させた事件。何も聞かされていなかった生徒や親達は猛反発。


そして、2009年12月12日のソウル大学での、学生もドン引きの小沢一郎のトンデモない講演。


「日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない」、「日本人は元々民度が劣るから、君たち韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ」・・・。

これが日本の政治家の発言かと思うと、呆れて物が言えません。 コイツは阿呆だから自分で気がついていないのだと思いますが、どこの世界に外に出て自分の家族の悪口をいいふらす人がいるでしょうか。 自国の国民の悪口をいう政治家を、人物として他国の人も信用するわけがありません。 自分を辱めているだけです。 本当に情けないオッサンです。


私は、在日韓国人や韓国の政府系機関や企業に多くの友人がいますが、欧州に留学されていた在日朝鮮人の学生さんの友人もいます。 みんないい人たちで今後もつきあってゆきたいと思いますが、日本における反日活動を繰り返す反日左翼政治家のせいで、朝鮮半島の人たちのイメージが損なわれ、普通に暮らしている在日の方々に迷惑がかかっているのも事実だと思います。


日本において、在日韓国・朝鮮人の、強姦殺人を犯し、日本名を名乗る件数は異常に高く、これは在日の人々のコミュニティとしても改善が必要で、とくに日本の腐れ政治家の問題も大きいと思います。



このクサレ弁護団を糾弾しましょう。

安田好弘 第二東京 港合同法律事務所
大学時代には全学共闘会議運動の活動家として活動し、在日朝鮮人オウムの麻原彰晃(本名:松本智津夫)、名古屋アベック殺人事件(犯人は在日朝鮮人)、和歌山毒物カレー事件の犯人林眞須美(在日朝鮮人)、小沢一郎の資金管理団体「陸山会」石川知裕衆議院議員、などの弁護を受ける、典型的反日左翼系弁護士。
足立修一 広島 足立修一法律事務所
村上満宏 愛知県 名古屋法律事務所
新谷桂 第二東京 リベルテ法律事務所
今枝仁 広島 まこと法律事務所
新川登茂宣 広島 新川法律事務所
山崎吉男 福岡県 大濠総合法律事務所天神オフィス
大河内秀明 横浜 横浜シルク法律事務所
小林修 愛知県 小林修法律事務所
河井匡秀 東京 河井匡秀法律事務所
本田兆司 広島 桂・本田法律事務所
松井武 第二東京 港合同法律事務所
山田延廣 広島
井上明彦 広島 広島法律事務所
北潟谷仁 札幌 北潟谷法律事務所(北潟谷綜の父親)
湯山孝弘 第一東京 湯山法律事務所
舟木友比古 仙台 舟木法律事務所
岩井信 第二東京 優理総合法律事務所
中道武美 大阪 中道法律事務所
岡田基志 福岡県 岡田基志法律事務所
田上剛 広島 たのうえ法律事務所




世界の迷惑 韓国人の性犯罪 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1399.html
止まらない韓国人の性犯罪 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1468.html
「在日によるレイプ事件の実態」
http://www.anzwers.org/free/zainichi/
韓国のタクシーで暗闇に連れて行かれた皆藤愛子
http://www.youtube.com/watch?v=atjmyJsMaJ4&feature=related
わずか2キロで2万円! =邦人被害、ぼったくりタクシー摘発―韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120217-00000133-jij-int


衆議院議員選挙2009  民主党の反日政策
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/945.html
呆れて物が言えん 民主党 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1350.html
管直人と朝鮮半島 極左組織への献金疑惑
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1483.html
菅直人と朝鮮半島 姑息な左翼主義者
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1484.html

国会 : 自民党 西田 vs 民主党 菅
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1413.html
南京大虐殺の真実
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1184.html
高市早苗 「朝鮮人強制連行論説」を論破 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1493.html


---------------------  小沢一郎の出生 ---------------------------

小沢一郎=父親(朝鮮人)+母親(朝鮮人)。

小沢一郎の父・小沢佐重喜(日本名)は、浅草の麻薬売人で、
その三男として東京下谷に小沢一郎が生まれた。

小沢一郎は、戦後の混乱したドサクサ時代に、
浅草の泥棒市で、日本人の戸籍を買った。 

小沢一郎は、岩手水沢に出生としているが、その田舎の住民の証言によると、
小沢一郎が岩手水沢に居たのは中学一年の一年間だけ。

小沢一郎の父・小沢佐重喜は、戦中、
東京市下谷区御徒町で北朝鮮の工作員として北朝鮮独立のために日本国内で活動。
戦後、岩手方面に進駐した「朝鮮進駐軍・小沢部隊」指導者となり拠点を作る。

「朝鮮進駐軍・小沢部隊」は、朝鮮総連の武装集団で、戦後に多くの日本人を殺害していた。

小沢一郎の母・荒木ミチ(日本名)は、韓国済州島の朝鮮労働党員で、コーリアン売春宿の女将だった。
内縁で、父親の籍は入っていない。

小沢一郎には、二人の実姉のスミ子、則子がいるが、養女というかたちになっている。
小沢一郎の母・ミチの墓は、韓国済州島にある。

出典:松田賢弥『闇将軍 野中広務と小沢一郎の正体』(講談社) 

------------------------------------------------------------------------


ドレミで学ぶ民主党
http://www.youtube.com/watch?v=AOSlkp0EE6M&feature=related

62

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ