renaissancejapn@aol.com

2012/3/11

邪馬台国と卑弥呼-210  古事記で創られた大国主命  邪馬台国と卑弥呼

何度も言うので、島根県の方々は気分を悪くされるかも知れませんが、「出雲国風土記」に
は、スサノオのヤマタノオロチ神話もなければ、アマテラスにまつわる話も、因幡の白兎の話、オオクニヌシの国譲りの話もありません。 

それどころか、オオクニヌシという名前も一切なく、あるのはオオナムチ(大己貴)であり、上記の出雲神話と言われているものは、全て古事記が編纂されるときに、過大に脚色され、オオクニヌシは古事記で創られたものです。

その理由は、藤原(中臣)氏による祭政の掌握のためのストーリーづくりにあり、彼らはそのためにつくられたメインキャストであるといえます。 これについては、次以降の投稿で説明します。

三輪山の西麓や南麓には出雲の名が残っており、出雲系の支族が住んでいた事が知られております。 島根県を支配した出雲族のルーツは、奈良の三輪山(さらにいうなら中国江南からやってきた海人族で、阿波・淡路島を経由してやってきた?)にあり、

大和朝廷との戦いに敗れ、根の国(出雲国)に流された、もしくは大和朝廷に取り入り、出雲国を支配するために派遣されたものと、私は考えています。

実際、出雲を支配していたのは出雲大社(明治4年までは杵築大社と呼ばれている)のある西側ではなく、東側の意宇郡に出雲氏は行政官と神宮司をかねて支配してきたのです。 すなわち、オオムナチと出雲系の豪族を封じこめるために、杵築大社をつくり、出雲氏が管理監督していた可能性も高いと思います。

スサノオは、島根の須佐神社に祀られた実在の人物でさほどビッグでもなく、オオムナチは三輪山に最初に入った人で、そのオオムナチを破ったのが、大和朝廷で、そのオオムナチを
出雲の杵築大社(明治4年から出雲大社)に島流しにして封印したのだと思います。 

また、そしてオオクニヌシは既に全国にいた地方豪族の総称(国津神)であり、既に武力・話し合いで破った彼らの恨みの霊魂をすべて祀るために創ったのが杵築大社だと思います。

伊勢神宮や杵築大社が創建されたのは、記紀神話がつくられたた時期であり、三輪山から見て太陽が昇る東に伊勢神宮、太陽が沈む西(=根の国)に杵築大社を古事記編纂にあわせて
創ったのではないでしょうか。 

そして、旧勢力を全て杵築大社に封じ込めた。 だから全国にオオクニヌシを祀る神社があり、また出雲には全国の神々が集まる神在月がある。 そして、古事記でオオクニヌシをハデに大きくみせ、旧勢力の神社に祀る事で、その地方の人々に優越感を持たせ納得させる。

と同時に、そんな素晴らしい神から、天津族は国譲りを受けたとし、さらに天津族、大和朝廷の権威をさらに高めようとしたに違いありません。 

しかしながら、古事記をよく読んでみると、藤原(中臣)氏の巧みさが見え隠れします。 それは、大国主命から国譲りを受けさせた最大の功労者は建御雷神(たけみかずち)であり、彼は藤原(中臣)氏の祖先で、鹿島神宮のご祭神で、白い鹿に乗って奈良の春日大社にやってきて、春日大社のご祭神でもあります。 

以後、鹿は神の使いとされ保護され、今では奈良公園には約1200頭生息しています。 

そして、天皇家に対する最大の功労者と正当化された藤原氏が、影で天皇家を操り、我が世を謳歌してゆくのです。




邪馬台国と卑弥呼-191  出雲大社 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1573.html
邪馬台国と卑弥呼-192  三輪山とヤマタノオロチ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1574.html
邪馬台国と卑弥呼-196  伊勢-大和-出雲 レイライン  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1578.html

邪馬台国と卑弥呼-203  日本神話と淮南子、三五暦記
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1590.html
邪馬台国と卑弥呼-34  苗族と鹿信仰 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1281.html



5

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ