renaissancejapn@aol.com

2012/8/12


何かと、中国・韓国の真実を報じない、日本の左翼メディアのアホ共ですが、サムソンの有利子負債が230兆6890億ウォン(約17兆4600億円) もある事が、朝鮮日報で報じられています。

実態を知らずに、サムソンに学べというお馬鹿を見かけますが、17兆円の大借金を抱え、他社の技術をパクリ、4000件のIP訴訟を受け、日本の援助(経済・技術)がなければ実質倒産状態にある企業である事実を分かっているのでしょうか?  技術のほとんどが日本のパクリで、自分達で発明したものはほとんどありません。


日本の技術貿易収支(技術ライセンス収入ー支払ったライセンス料)は年間約1兆3000億円の黒字に対し、韓国は3000〜4000億円の赤字、主要部品・素材・装置を日本から購入しないと半導体も携帯電話もつくれないから、韓国の対日貿易赤字は年間約3兆円あるのをお馬鹿たちは知らない。 日本の民主党が援助しなければ、とっくにサムソン、LG、は倒産し、韓国政府は経済破綻をおこしているのです。 だから、韓国はド厚かましく経済援助を頼ってくる。




科学技術 日本最強伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1630.html
韓国の有機EL技術 はあ?
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1668.html
韓国経済の真実-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1669.html
韓国経済の真実-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1670.html
韓国大統領 竹島上陸
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1673.html
世界に広がる嫌韓流
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1667.html




また、韓国の民間の10大企業グループの負債が、李明博(イ・ミョンバク)政権が発足した2008年当時の423兆3390億ウォン(約32兆400億円)から2011年の628兆4140億ウォン(47兆5700億円)に増えたことも報じられています。


http://www.chosunonline.com/news/20110425000018


既に、国家も民間企業も経済破綻をしているのですが、それを経済援助しているのがアホの日本民主党であります。 その金を使って、価格競争をしかけてくるサムソン。 

そして、日系企業や震災被災者に何らの援助を行わず、東北大震災で家と両親を失った子供達や、被災者達は将来に対する保証もなく、絶望のどん底にいる現実。 

呆れて、言葉がありません。





サッカー女子 日本人選手の顔面を思い切り蹴り上げる韓国選手
http://www.youtube.com/watch?v=C_JH5hldAaY
韓国人「日本の大地震をお祝い(し)ます」 韓国のサッカー会場にて kinako789
http://www.youtube.com/watch?v=tNTtQp4bwn4&feature=related
従軍慰安婦問題、提訴者の韓国人女性「詐欺」で逮捕
http://www.youtube.com/watch?v=cmphs0RjZ4M&feature=related
高市早苗 「朝鮮人強制連行論説」を論破
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1493.html
原口一博のウソ 「私たち朝鮮人は強制連行されてきた」 【外国人参政権】
http://www.youtube.com/watch?v=DP2dGgtR49o&feature=related


韓国真実 民度の異常な低さと火病  死ぬまでやってろ!
http://www.youtube.com/watch?v=nNRD8MludFU&feature=related
世界の迷惑 韓国人の性犯罪
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1399.html
ドレミで学ぶ民主党
http://www.youtube.com/watch?v=ldeoIB8f0r0&feature=related



脱亜論
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/782.html





11
タグ: サムソン 借金 韓国

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ