renaissancejapn@aol.com

2012/10/9

iPS 細胞  科学技術
クリックすると元のサイズで表示します


人工多能性幹細胞(iPS細胞)を世界で初めて作った 京都大学の山中伸弥教授が、英ケンブリッジ大学のジョン・ガードン名誉教授(79)と共に2012年のノーベル医学生理学賞に決まりました。 




iPSとは、人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell)のことで、何がすごいかといえば、


従来のES細胞(胚性幹細胞・Embryonic stem cell)は、受精卵を用い、分裂が進んだある時期の胚細胞を使用するので、早い話がこれは一個の生命体(あかちゃん)であり、殺してしまうのか等、倫理的な問題、またこれからつくられた臓器は基本的に親のものとイコールではないので拒絶反応を起こす可能性があります。


それに対し、iPS細胞は、自分の皮膚などの細胞から、臓器を作り出せるので、倫理的な問題がなく、かつ拒絶反応を起こすこともない事です。


どんな事が可能になるかといえば、病気やけがで失われた組織をiPS細胞から作った細胞で補う「再生医療」に使えたり、薬の開発を行う際、人間のiPS細胞から作った心臓や肝臓などの細胞に対して試験ができれば、より開発の早い段階で効果や危険性(副作用)を調べる事ができる夢のような技術です。



さすがは、科学技術最強伝説の日本。 



ただ、神戸大学医学部卒の山中先生がiPSの開発に成功したのは、奈良先端科学技術大学院大学時代の成果であり、その後、京都大学がハンティングして京大の成果といっているのは、少し閉口しますが・・・。  山中先生は、講演などではいつも奈良先端科学技術大学院大学時代の成果と配慮を忘れないところが、素敵です。





科学技術 日本最強伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1630.html









3

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ