renaissancejapn@aol.com

2006/4/22

ユダヤ思想の考察-2  宗教・思想・哲学・文学・芸術
ユダヤ教やキリスト教では、アダムとイヴ(エヴァ)が禁断の果実を食べた罪により、神が罰として人間に与えたのが労働。

日本では、古事記や日本書紀にみられるように、天照大神が自ら機を織って労働しており、聖徳太子の17条の憲法でも、労働は尊いものとされている。

1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ