renaissancejapn@aol.com

2006/5/6

花咲じいさん  日本昔話 (J編)

昔々、あるところに、正直じいさんと、意地悪じいさんがおりました。


正直じいさんは、ポチという犬を飼っていましたが、ある日の事、山道でポチが 
「 ここ掘れワンワン 」、 「 ここ掘れワンワン 」 となくので、穴を掘ってみると、大判・小判がザックザックでてきました。

それを見ていた、意地悪じいさんは、次の日に正直じいさんに 「 ポチを借りるよ 」 と言って、山に連れて行きました。


しかし、ポチはいっこうに、ここ掘れワンワン、となかないので、意地悪じいさんは、

「 こらっああ! ちゃんと、ここ掘れワンワンとなかんか! 」 と怒鳴りました。


迷惑なじいさんに、ポチが仕方なく、 「 ここ掘れワンワン 」、 「 ここ掘れワンワン 」 とないてやると、意地悪じいさんは、急いで穴を掘りました。

ところが、出てきたものは、ゴミクズや、ガラクタばかりでした。


怒った意地悪じいさんは、ポチの尻尾をつかみ、ポチを空中で振り回しました。 


びっくりしたポチは、必死になって大声で、叫びました。

「 こらっ!  離さんか、  じじい! 」

「 こらっ!  はなさんか、 じじい! 」

「 こらっ!  花さんか、  じじい! 」

「 こらっ!  花さか 、  じじい! 」


花咲じいさんのお話でした。





--------------------------------------------------------------------------


(続編)

そこを通りかかった犬好きのお殿様が、 「 何事じゃ! 」 と尋ねると、

意地悪じいさんはあわてて、ポチを空中で振り回すのを、急いでをやめ、ポチの頭をなでてやり、お殿様には何も話しませんでした。


呆れたポチが言いました。


「 こらっ!   ちゃんと、話さんか、  じじい! 」

「 こらっ!   ちゃんと、はなさんか、 じじい! 」

「 こらっ!   ちゃんと、花さんか、  じじい! 」

「 こらっ!         花さか、   じじい! 」


花咲じいさんのお話でした。



                                 Copyright Renaissancejapan
8

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ