renaissancejapn@aol.com

2014/9/18

シェール革命と日本-12  環境・エネルギー

三井物産は、アメリカのみならずヨーロッパのシェールガス開発の権益を持っています。

三井物産は、三井石油開発と共同出資する三井 E&P USA LLC(MEPUSA社)を通じて、アナダルコ社がペンシルベニア州のマーセラス・シェール・エリアで開発・生産中のシェールガス事業に参画。

同社は、テキサス州においても、シェールガス田の権益確保しており、SMエナジーカンパニー(SME社)がテキサス州イーグルフォード・シェール・エリアで開発・生産しているシェールガス・オイルの開発生産プロジェクトに参加しており、開発総費用30億ドル、プロジェクト権益の内の12.5%を約6億8000万ドルで買収しています。

さらに、アメリカの石油ガス開発会社マラソンオイルがポーランドに所有するシェールガス権益の一部を取得しており、日系企業がヨーロッパのシェールガス開発に加わる第1号であります。

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ