renaissancejapn@aol.com

2006/5/7


今回は、 鶴 と 亀 のお話です。


ある夏の暑い日の出来事です。

鶴が ソーメン をよくかまずに、 ツルツル と食べていたら、

亀がもっと 「 カメ カメ 」 と言いました。



Renaissancejapan が言いました。

「 ツルッ と かめ ! 」




                                 Copyright Renaissancejapan
6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ