renaissancejapn@aol.com

2014/10/5


我々がよく使う言葉に「蜜月」がありますが、この言葉のルーツは中国でも、日本古来のものではなく、西洋からきたハネムーン(ハニー=蜜、ムーン=月)からきています。

古代〜中世ヨーロッパでは、春を迎え6月頃になると、農作業に忙しいのと、蜂が蜜を集め始めるので、人手が必要になるので、この頃、嫁を迎えました。

結婚して、最初の一ケ月は、蜂蜜や蜂蜜酒を飲んで子づくりに励みました。 これが新婚旅行となり、仲睦まじいことから日本では蜜月と言う言葉になりました。

また、収穫した蜂蜜の一部は教会に寄付され、栄養状態の悪い人々に教会は蜂蜜を与えました。

6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ