renaissancejapn2020@gmail.com

2005/6/2

ロシア元石油王に禁固9年の判決・政敵つぶしの色彩

【モスクワ=栢俊彦】ロシアの元石油王で最大の富豪だったホドルコフスキー元ユーコス社長が詐欺、脱税などの容疑に問われた裁判で、モスクワの地区裁判所は31日、同氏に自由はく奪(禁固)9年の厳しい判決を下した。同氏は罪状を否定、控訴する見通し。裁判は親米派である同氏の政治的野心に対する政権側の制裁という色彩が濃く、米英などは強く批判した。

地区裁判所は起訴事実7件のうち、国営研究所を不正な手段で取得した国家資産の横領や納税済み資金の不正な還付、手形を使った過少納税、ユーコスや肥料会社の製品の不法輸出など6件を有罪と否定した。求刑は10年だった。

同裁判所はホドルコフスキー氏の共同経営者レベジェフ氏にも自由はく奪9年の刑を宣告。同時に関係会社の脱税を画策した罪で両氏に合計174億ルーブル(約670億円)、個人の脱税で合計1億3000万ルーブル(約5億円)の支払いを命じた。ホドルコフスキー氏は「不当裁判だ」と主張、レベジェフ氏も「常識外の判決」と述べ、弁護団はモスクワ市裁判所に控訴する意向を表明した。 (20:30)

                                    −日経 2005年5月31日−


続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ