renaissancejapn@aol.com

2005/10/3

アジアの時代  国際政治・金融・企業
ダイナミックな発展を遂げるアジアですが、欧米中心の世界に風穴を開けた日本の存在は大きいでしょう。 まだまだ先進国に低賃金で労働力を搾取されている構造である中国ですが、私は10年以内に民主化革命が起こり混乱時期を迎えるものの、その後は低賃金を保ちながら、優れた技術力をも保有する、日本にとって脅威の存在となる事を予想しています。  また、ライス国務長官がインドを訪れた際、アメリカはインドを世界No.1の経済大国にする準備があると発言しましたが、これは地政学的な軍事面、経済面で中国を牽制する目的だと思われます。

同時に発展する我々アジア人がいつも考えていなければならないのは、苛立つ欧米人の感情でしょう。 別にアジアが発展する事は、新たな市場が開ける事であり、欧米の企業の論理に立つと、好ましい事でありますが、その一方で製造業を中心に、欧米では大量の失業者が発生しており、欧米の人達の苛立ち感は隠せないところだと思います。

続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ