renaissancejapn@aol.com

2006/1/19

東アジアとヨーロッパ-6  国際政治・金融・企業

鉄砲伝来(1543年)から6年後に、イエズス会のフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸しました。

当時のヨーロッパは、ルターやカルヴァンのプロテスタントの宗教改革の嵐が吹き荒れ、長い歴史に安住し、組織疲労からくる腐敗や権威が失墜していたカトリックのローマ教皇庁内部からも改革と再建の運動が起こっていた時代でした。

イエズス会は、イグナチオ・デ・ロヨラを中心にして7人の同志が、パリのモンマルトルの丘のディオニソス聖堂で貞潔、清貧、エルサレムへの巡礼もしくは世界への宣教という3つの誓願を立て(モンマルトルの誓い)、1534年にカトリックの修道・布教団体として結成されたものです。

ポルトガル国王ジョアン3世は、この新進気鋭の修道団体にみなぎる士気と行動力に注目し、イエズス会の創設に携わったフランシスコ・ザビエルをアジアに派遣します。 イエズス会は、創設当初から世界布教への熱意に燃えており、宣教師たちは、国家の利益を理解したうえで、イエスキリストの福音を胸に固い決心を自らに誓い、世界伝道の途に上がったイエズス会士達の胸中には、迷いはありませんでした。 
続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ