renaissancejapn@aol.com

2006/2/12

聖徳太子 「神仏儒習合」思想  宗教・思想・哲学・文学・芸術


----- 日本が発展する理由 と 日本は21世紀の世界のモデル ------ 


複数の宗教を同時に信仰するという、世界の中でも珍しい日本人の宗教観ですが、この事が宗教の厳格な戒律にとらわれることなく、フレキシブルに外来の文明や文化を取り入れることを可能にし、日本という国は、時代を経るほどに、発展を加速化しているように思います。 

今日では、世界でもトップクラスの高度な科学技術文明を有し、経済力も世界のトップクラスに位置しています。

それでは、どうしてこのような宗教観を持つ事ができるようになったのか、それは聖徳太子の「神仏儒習合」思想からであると考えられます。

続きを読む
25

2006/2/12


私個人の意見ではありますが、時代の経過と共に、発展を加速度化させる日本の強さの秘密は、「宗教からの自由」を持つ事により、既存の古めかしい宗教的戒律から解き放たれ、フレキシブルに外来の文明や文化を取り入れる事ができた結果ではないかと考えています。


その世界で初めて、「宗教からの自由」を実現したのは、飛鳥時代の偉大なる思想家、聖徳太子(571−622)の「神仏儒習合」思想から始まったものと思われます。


また、当時の緊張する東アジア情勢の中において、独立国家としての日本のアイデンティティを確立させ、内部抗争を終結させ、天皇を中心とする中央集権体制を構築し、「隋の皇帝」に対抗し、「日本(日出ずる処=日の本)の天皇」という概念を生み出し、隋と対等の立場で外交しようとしたのも、聖徳太子の発想です。 


正式には、天皇という称号は、同じく飛鳥時代の、天武天皇(在位673−686)の時代に成立し、日本という国名が最初に定められたのは、701年施行の大宝律令とされています。


奈良時代に入り、710年に「日本書紀」が編纂され、神代から持統天皇までの、日本国家としての正式な歴史書が出来上がりました。 日本書記は、三巻で構成され、巻一から巻二には神話、巻三には神武天皇から持統天皇までの歴史が記されていますが、


ここに、天皇家は神格化され、天武・持統天皇の時代から、日本は国家として安定し、時代を経る毎に、驚異的な発展を遂げていく事になります。


続きを読む
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ