renaissancejapn@aol.com

2006/2/17

イスラムの繁栄と衰退  宗教・思想・哲学・文学・芸術

聖徳太子とムハンマドが7世紀に現れ、それぞれ日本もイスラム社会も国内はまとまり、発展してゆく事となりますが、その性格は正反対の物でした。 柔軟に他の文明を取り入れる日本、一方イスラムは排他的・閉鎖的である事による、イスラムの団結を求心力にしてゆきます。 さらに、戦の結果の戦利品として、異教徒の富や女の略奪を許した事も、戦士の士気をあげるには効果的であった事でしょう。

排他的・閉鎖的でありながらも、中世のイスラム社会は高い文明を有していたではないかとの意見もあるかと思います。  勘違いしている人が多いのですが、これはイスラム教の持つ理念や思想が科学技術文明を発達されたのではなく、古代に栄えた高度な文明を有した、またはそれを伝承した地域を征服した事によるものです。

例を挙げると、美術工芸・建築・文芸・音楽などあらゆる文化に輝かしい伝統を持つペルシア、数学・天文学・医学・哲学など優れた文明を持つインド、古代ギリシア・ローマ系の高度な科学技術・天文学・医学・文学・哲学の文明や、天文学・建築・数学・治金・化学・医学・哲学・農業など全ての分野で圧倒的に高度なエジプト文明が、豊かに残るシリアから北アフリカなどです。

続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ