renaissancejapn@aol.com

2006/3/7

フラッシュメモリー  科学技術

アップル社のi−podが、小型軽量を売り物にして、大ヒットしておりますが、技術を煎じ詰めてみれば、ただフラッシュメモリーを使っているだけに過ぎません。 

この画期的なフラッシュメモリーを、世界で初めて発明したのは、元東芝の舛岡富士雄です。
続きを読む
5

2006/3/5

インテル CPU  科学技術

世界最初のCPUは、1971年にインテル社から発売された、Intel4004であります。

CPUとは、LSIの中にをソフトウェアを内蔵し、プログラムでLSIを動かすという画期的なLSIですが、この画期的な発明は、日本計算機販売(後ビジコン社)の嶋正利のアイデアです。 これにより、1ケのLSIで、プログラムを変えるだけで、様々な計算機に使えるという物でした。

当初、日本のビジコン社が、このアイデアの電卓用LSIをインテル社に製造させた物だったので、全世界の販売権はビジコン社が持っていました。 しかし、このLSIの将来性に気付いたインテル社は、世界初のCPUであるIntel4004の意匠権と販売権を6万ドルでビジコン社から買取りました。

そうして、ただのDRAMメーカーに過ぎなかったインテル社は、1971年11月15日に、世界で初めてのCPU(Intel4004)を、全世界に発表し、今日のCPU帝国をつくり上げることになりました。

続きを読む
4

2006/3/4

ナノテクノロジー  科学技術

今では、ハイテクの代名詞となっているナノテクノロジーですが、「ナノテクノロジー」は、日本から発信されたものであります。
続きを読む
2

2006/3/2

原子物理学 Atom Physics  科学技術

日本は、基礎科学技術を、欧米から学び、生産技術や製造力でのみ繁栄したと、馬鹿げた事をいう日本人がいますが、

最先端技術である、原子力や半導体などのエレクトロニクス産業に関しての、基礎となる原子物理学は、

江戸末期に生まれた長岡半太郎からはじまり、湯川秀樹、朝永振一郎、江崎玲於奈などの日本人科学者と、ヨーロッパの科学者達によって、確立された物です。

日本の科学技術力に、偏見をもっているお馬鹿な日本人や、世界の人達がいたら、最近では、便利なインターネットがあるので、Webサイトを紹介してあげるのもいいでしょう。
  
続きを読む
5

2006/3/2

困ったカメラマン  宗教・思想・哲学・文学・芸術

先日、私の住んでいる街で、日本人カメラマンによる、日本の写真展がありました。
何か嫌な予感がしながらも、友人と見に行きましたが、やはり結果は想像していた通りの物でありました。
続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ