renaissancejapn2020@gmail.com

2006/3/17

タンパク質の構造解析  科学技術

田中耕一は、1959年に富山市で生まれ、東北大学工学部電気工学科を1年留年して卒業後、島津製作所に入社しました。

実験の失敗から、タンパク質の構造解析手法を世界で初めて生み出し、2002年にノーベル化学賞を受賞しました。

その天然ボケした、癒し系のキャラクターから、日本全国の人気者になり、世界のメディアでも有名になった田中氏ですが、

この構造解析の手法の成果だけが、メディアでとりあげられ、面白可笑しく報道されていますが、実はこの研究成果による人類への貢献は、とてつもなく大きな事でありますので、紹介させていただきます。 


続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ