renaissancejapn@aol.com

2006/3/21


イラク国内で、スンニ派とシーア派による内戦状態となってきていますが、これはイギリスもアメリカも最初からの計算内であると思います。

だいたいにして、考えてください。 イラクの主流を占めるのはシーア派であり、イラク国内が安定し民主化すると、シーア派の反米政権が出来上がるわけです。 

アメリカとて、最初から分かっている事ですから、この事態を避けたいわけで、またイランを攻撃する大義名分が欲しいので、イラク内のシーア派をスンニ派をつかって、挑発させ、イランやイラクのシーア派が過激な行動にでたところで、軍を差し向け力技で、中東をねじふせる戦略だと思います。
続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ