renaissancejapn@aol.com

2006/3/26

バター vs マーガリン  国際政治・金融・企業

1885年に、イギリスのウイリアムリーバーが石鹸の製造をはじめて出来た会社「リーヴァー・ブラザーズ」は以後バターなどの食品を扱い、一大シンジケートを築く食品会社になっていきました。

一方、オランダのロッテルダムには、フランス人のムーリエが発明したマーガリンを扱う「マーガリン・ユニ」という会社が設立され、ドイツ、フランス、北欧などの食品会社を次々と買収し、巨大な食品会社となっていきました。

こうして、この両社は、バター対マーガリンで、食品業界の覇権を争いましたが、1929年に「ユニ・リーバー」の社名をもって合併し、オランダとイギリスに国籍をもつ、世界一の食品会社が誕生する事になりました。
続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ