renaissancejapn2020@gmail.com

2006/4/2

デュポン-4  国際政治・金融・企業

アメリカの商務省に残されている軍事支出の記録は、アメリカが独立宣言をした1776年の15年後である、1791年から始まります。

これは、当時の首都フェラデルフィアに「The Bank of United States」(通称ファーストバンク)が設立され、国家としての予算銀行の営業がスタートしたのが、この1791年であるからです。

当時のアメリカは独立の為に、宗主国イギリスと戦っていたわけですから、軍事資金の確保が最優先であったわけで、アメリカの国立銀行は最初から軍事的性格を持ったものでした。

当然、死の商人デュポンも、アメリカの独立と、国立銀行の設立には一枚かんでおり、アメリカの建国に、重要な役割を果たしました。


続きを読む
2

2006/4/2

デュポン-3  国際政治・金融・企業

デュポン一族の乗船したアメリカン・イーグル号は、大西洋を90日間かけて渡り、1800年の元旦にロードアイランド沖のブロック島の港にたどり着きました。

ある日のこと、ピレーネ・デュポンの息子エルテール・イレーネ(彼の名前が、デュポンの社名「E・I DuPont」のE・Iの部分)は、ワシントンの軍隊に加わり、歴戦したフランス人仕官と狩猟に出かける事になりました。

獲物はたくさんいて、火薬が足りなくなってしましまい、やむをえず狩りの途中で、火薬を買いにいく事になりましたが、化学を学んだエルテール・イレーネは、火薬の質の悪さに驚き、価格も非常に高い事を見抜きました。

その後、いくつかの火薬工場を視察しましたが、どれもお粗末な物ばかりであり、恐れるに足らないと思ったエルテール・イレーネは、デュポン家で火薬を作るべきであると父に提言し、父ピエールの友人である化学者アントワーヌ・ラボワジエに師事を託しました。

続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ