renaissancejapn2020@gmail.com

2006/4/16

最後の審判  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ 最後の審判 (Giudizio Universale)1536-1541年
1440×1330cm | Fresco | Cappella Sistina, Vatican
−ミケランジェロ (Michelangelo)作−

システィーナ礼拝堂天井画完成から24年後、教皇ユリウス2世の後に即位した教皇クレメンス7世がシスティーナ礼拝堂正面壁に壁画を描く構想を最初に練り、その意思を引き継いだ教皇パウルス3世がミケランジェロに制作を依頼し制作された大作『最後の審判』。

主題はその名の示すようキリストが再臨して人類を裁く教義≪最後の審判≫。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/michelangelo_universale.html
0

2006/4/16

アヴェロルディの多翼祭壇画 イエスの復活  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ アヴェロルディの多翼祭壇画 (Polittico dell' Averoldi)
1520-1522年頃
403×235cm | Oil on panel | Santi Nazaro e Celso, Brescia
−ティツィアーノ (Tiziano Vecellio)作−

キリストの復活、受胎告知、守護聖人と三つの場面構成からなる祭壇画。

祭壇画中央部分≪キリストの復活≫。この主題は、十字架に掲げられロンギヌスの持つ槍の一突きで死に至ったキリストが、死の三日後、勝利の証である旗を手しに、屋外に置かれた石棺の上(本作では中空)に立ち復活を遂げる場面。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/tiziano_averoldi.html
0

2006/4/16

マグダラのマリア  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ マグダラのマリア (Maddalena e due santi) 1622年頃
220×200cm | 油彩・画布 | ヴァティカン宮美術館 絵画館
−グエルチーノ (Guercino)作−

イエスが埋葬されて3日の後、空となった墓石の傍らで悲観に暮れるマグダラのマリアの下に2人の天使が降臨し、主の復活を告げる場面≪キリストの復活≫の一場面を典拠とし描かれた作品。

天使のひとりはイエスの受難の象徴である磔刑時に使用された釘を、もうひとりは復活と救済を示す天上を指差している。

http://www.salvastyle.com/menu_baroque/guercino_maddalena.html
0

2006/4/16

ピエタ  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ ピエタ(Pieta)1499年
174×195cm | Marble | Basilica di San Pietro, Vatican
−ミケランジェロ (Michelangelo)作−

ピエタとは憐憫や敬虔の意味を持つラテン語から発生したイタリア語で、キリストとその死を嘆く聖母マリアの姿を指す。

幾人の彫刻家が制作したピエタだが、弱冠23歳のミケランジェロが制作したピエタは、死せる息子キリストを抱える聖母マリアの悲しみに満ちた表情や筋肉や衣服の細密な描写など、それまでに彫刻されたピエタの表現を遥かに超えたものであった。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/michelangelo_pieta.html
0

2006/4/16

キリストの遺骸の運搬(ボルゲーゼの十字架降下)  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ キリストの遺骸の運搬(ボルゲーゼの十字架降下)
(Trasporto di Cristo morto (Deposizione Borghese)) 1507年
184×176cm | 油彩・板 | ボルゲーゼ美術館(ローマ)
−ラファエロ・サンツィオ (Raffaello Sanzio)作−

磔刑に処され死した主イエスの遺骸を岩墓へ埋葬する場面≪キリストの埋葬≫を描いたもので、本作においてラファエロは、惨殺された若者を死した主イエスに、悲しみのあまりに気を失う聖母マリア。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/raphael_morto.html
0

2006/4/16

十字架降下  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ 十字架降下 (Deposizione) 1521年
333×196cm | Oil on panel | ヴォルテッラ美術館
−ロッソ・フィオレンティーノ (Rosso Fiorentino)作−

磔刑に処されたキリストを十字架から降ろす場面を描く≪十字架降下≫、悲しみのあまり両手で顔を覆う聖ヨハネ。

http://www.salvastyle.com/menu_mannierism/fiorentino_dep.html
0

2006/4/16

キリストの磔刑  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ キリストの磔刑 (Crocifissione) 1565-1567年頃
536×1224cm | 油彩・画布 | サン・ロッコ同信会館
−ティントレット (Tintoretto)作−

マタイ福音書に記される一場面、十字架に磔られるキリスト。マタイ福音書とは、新約聖書の冒頭に収められる四福音書の一を指し、一世紀末頃シリア地方でユダヤ人キリスト教徒に向けて書かれたと推測され、キリストの生涯を旧約預言の成就と見、律法学者やパリサイ人の「義」にまさる「義」を説くメシアとしてのキリストの姿が記されている。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/tintoretto_crocifissione.html
0

2006/4/16

オリーブ山の祈り  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ オリーブ山の祈り (Preghiera nell'orto) 1455年頃
63×80cm | テンペラ・板 | ロンドン・ナショナル・ギャラリー
−マンテーニャ (Andrea Mantegna)作−

主題は弟子である聖ペトロ、小ヤコブ、聖ヨハネの三人を連れゲツセマネのオリーブ山上で自らに迫る災い(磔刑)を退けるよう、父なる神に祈りを捧げる場面を描いた≪オリーブ山の祈り≫。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/mantegna_preghiera.html
0

2006/4/16

最後の晩餐  新約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ 最後の晩餐 Ultima Cena (Cenacolo)
1495-1497年 | 460×880cm | 油彩・テンペラ |
サンタ・マリア・デレ・グラツィエ聖堂修道院食堂(ミラノ)
−レオナルド・ダ・ヴィンチ (Leonardo da Vinci)作−

イエスが十二人の使徒に対し『この中に私を裏切るものがいる』と、裏切り者を指摘する、劇的な要素での登場人物の複雑な心理描写に重点が置かれている。  また通常、この≪最後の晩餐≫は過超祭(ユダヤ教の祝日)におこなわれたとされている。

http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/davinci_cena.html
0

2006/4/16

エヴァの創造 (創世記)  旧約聖書
クリックすると元のサイズで表示します

■ エヴァの創造 (Creazione di Eva)1510年
280×570cm | Fresco | Cappella Sistina, Vatican
Michelangero Buonarroti  −バチカン システィナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ作−


旧約聖書(創世記第二章)

主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。 人はこうして生きる者となった。 主なる神は、東方のエデンに園を設け、(中略)食べるに良いものをもたらす、あらゆる木を生えいでさせ、また園の中央には命の木と善悪の知識の木を生えいでさせられた。(中略)

主なる神は言われた。 「人が一人でいるのは良くない。 彼に助ける者を造ろう。」
(中略) 主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。 人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。 そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ