renaissancejapn2020@gmail.com

2006/4/23

 クリックすると元のサイズで表示します

4月18日ー21日、中国の胡主席が、アメリカを訪問し、20日にはブッシュ大統領と会談を行いました。 

当初から、国賓待遇を要求する中国に対し、アメリカ政府は国賓訪問ではないという立場を貫き、ブッシュ大統領夫妻との昼食会も、公式晩餐会でないことがアメリカ政府のメッセージで、怪しい雲行きの中で会談が行われましたが、重要案件に関しては何一つ具体的に取り決められたものはなく、

胡主席に対する、チベット・台湾・法輪巧・アメリカの人権団体の抗議デモや、歓迎式典の中で胡主席のスピーチの時、大きなヤジがあり、一時スピーチが中断するというハプニングがあったり、
http://www.youtube.com/watch?v=X1HsmmJgLn0&search=china%20president
中国の国歌演奏がアナウンスされる際に、中国の国名ではなく、台湾の正式国家名が司会者により紹介されるなど、胡主席はコケにされたような扱いを受けました。

台湾問題は、中国にとって重要案件の一つであることは、アメリカ政府も十分認識している事で、今回のような米中首脳会談という重要な外交の場で、国名を間違えるわけがないので、意図的なものであるように思われます。 また、大紀元の記者のヤジにしても、最初から予測されていたもので、通常であれば事前にこういったことをしないように注意しておくべき物であったようにも思います。 すなわち、これら一連のハプニングは、中国に対するアメリカのメッセージであると考えられます。


続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ