renaissancejapn2020@gmail.com

2006/4/24

団塊世代と左翼思想  宗教・思想・哲学・文学・芸術
団塊の世代とは、終戦直後の1947年から1949年にかけての第1次ベビーブームで生まれた世代の事をいい、会社では今ちょうど定年を迎えようとしている人たちです。

日本の高度経済成長の原動力となり、日本の復興を実現されて来られた世代であり、今日の繁栄を謳歌している我々日本人は、この団塊の世代の先輩達に感謝しなければなりません。  また、フォークソング、グループサウンズ、反戦運動、学生運動など、元気よくエネルギッシュな青春時代を謳歌された世代でも有ります。

しかしながら、私のみるところ、思想・哲学というものは、あまり感じられません。 時代的なものを考慮しなければならないのですが、結論から言わせて貰うならば、実は一個人の思想・哲学はあまり無く、ポピュリズム(大衆主義)に陥っており、

他人に影響され易く、思想的に根無し草であるが故に、人と同じ事をし、人と同じ話題でお喋りをする事により、自分の存在を確かめ、安心を得るといった、典型的な大衆主義の世代でもあるように思います。 すなわち、社会現象をみても、上記のフォークソング、グループサウンズ、反戦運動、学生運動、などといったブームが次々と創り出されていったわけです。

戦後、日本を占領したアメリカの占領政策により、「日本が将来アメリカの脅威とならないような無力な国にする」という戦略にまんまとのせられ、ポピュリズムに陥った団塊の世代は、単純かつ愚かにも反日思想や左翼思想に簡単に染め上げられ、東大・京大の国家を運営するエリート層、日本の重要な都市である東京や京都、また主要メディアのNHKや朝日新聞などが、そのターゲットとなり、今日の反日的左翼思想が植えつけられていったものと、私は考えています。

続きを読む
59


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ