renaissancejapn@aol.com

2006/6/10

シュメール神話 人類の創造  古代文明・神話
クリックすると元のサイズで表示します
アヌンナキ(=神=宇宙人)と猿人の交配による地球人の創造

アトラハシス物語 人類の創造
惑星ニビルから地球にやってきた指揮官エアは、四つの川ヒデケル(チグリス川)、プラス(ユーフラテス川)、ギボン(カルン川)、ピジョン(クウェート川)の合流点に都市を建設し、ペルシャ湾で金の採掘を始めました。 しかしながら、金採掘の労働者不足から下層労働者階級のアヌンナキの暴動が起こり、指揮官エアは左遷され、新しくエンリルが指揮官として任命されます。そして、また労働者階級のアヌンナキたちは、指揮官のエンリルに反乱を起こしたので、位の高いアヌンナキたちは会議を開き、科学者エンキが、アヌンナキと猿人を交配させて、奴隷労働者(=人間)を創る事になりました。 そうして、地球状で最初の人類が生まれ、シュメール語で「混ぜ合わされた物」という意味の「ルル」と呼ばれるようになりました。

続きを読む
33

2006/6/10

シュメール神話 創世記  古代文明・神話
クリックすると元のサイズで表示します

アトラハシス物語 天地創造
アプス(淡水)とティアマト(塩水)がムンム(生命力)の助けで一つに交じり合い、その混合水から、ラムとラハム、アンシャルとキシャルなど神々が創られ、そしてアンシャルは自分そっくりに、長子アヌを創り、そしてアヌが宇宙を創造者となりました。

続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ