renaissancejapn@aol.com

2006/6/11

シュメール神話 神々  古代文明・神話
シュメールにおける宗教は、世界各地にある土着の民間宗教と同じで、八百万の神々であり、ありとあらゆるものに神が宿ると考えられていました。 また、神々はギリシア神話にでてくる神々と同じで、人間と同じく失敗をしたり、嫉妬したり、情欲に身を焦がしたり、酒を飲んで酔っ払ったりと、極めて人間臭く親しみ易い物で、それぞれ都市や個人が守り神を持っており、家族と共に暮らしているとも考えられていました。

しかし一方では、神々にもランクがあり、最も最高位で重要な神様は天空の神アン(An)でした。 光や神聖という言葉と同義語で、創造主、天地の支配者、または宇宙の秩序を代弁する存在としてあがめられました。 楔形文字でアン(An)をあらわす文字は、8本の放射状文字「米」のマークであり、これが後にユダヤ教のダビデの紋、キリスト教の十字架のモデルになってゆきます。 古代中国もシュメールの影響を大きく受けており、アンは殷の甲骨文字では、「命の綱」という意味の米(コメ)という文字になりました。
 
続きを読む
20


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ