renaissancejapn@aol.com

2006/6/13

シュメール文明 天文学と数学  古代文明・神話
クリックすると元のサイズで表示します

現代の我々が使っている、1年12ケ月、1週間7日、1日24時間、円の角度が360度であるというものは、既にシュメール、またこれを受け継いだ古代バビロニアの時代に既に確立されたものであり、天文学と人間にとって数を数え易い10進法、12進法、20進法、60進法が基となったものです。  

天文学が発達したのは、作物を栽培するにあたって季節や時間を知る必要があった事、またチグリス・ユーフラテス川の氾濫の時期を知る為に必要なことでした。 また、メソポタミア地方の夏は暑く寝苦しいので、人々は涼を取るために、夜は家の屋上で寝ていたので、星空をよく観察できた事にあると思います。
 
続きを読む
21


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ