renaissancejapn@aol.com

2006/6/15

天皇家の紋章  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、日本の天皇家の紋章(十六菊花紋)ですが、この図柄はメソポタミアの古代シュメール文明の最高神アン(天と光の神)の図柄とよく似ています。 もとは星の光をイメージし楔形文字で表したものであったと思われますが、この菊花紋(便宜上、以後こう呼びます)は、メソポタミア地域、エジプト、イスラエル、インドあたりで、神や王家の紋として使われました。 

現在、世界の王家の中で、菊花紋を紋章としているのは、日本の天皇家だけのようです。

続きを読む
206


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ