renaissancejapn@aol.com

2006/6/27

イスラエル12支族  旧約聖書
旧約聖書の 「創世記」 によると、アブラハムは100歳になってから、息子イサクが出来、イサクにはエサウとヤコブの双子の息子が生まれました。 ヤコブが神と格闘し、 「イスラエル」 と名乗るよう神からお告げを受けますが、このヤコブの12人の子供達が、イスラエル12支族の基礎となりました。

歴史学的には、ヤコブの12人の子供というよりは、イスラエル人の12の部族を表しているとされています。 何故なら、この12人の子供達の名前が、後世の確実な資料で明らかになっている12部族の名前と一致するからです。 ヤコブの4人の妻・妾から生まれた子供達というのは、12部族が4つの系統に大別された事を表すものであるとされているようです。
続きを読む
17


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ