renaissancejapn@aol.com

2006/7/2

日本語 と ヘブライ語  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

「大和民族はユダヤ人だった 」の著者であるユダヤ人言語学者ヨセフ・アイデルバーグは、 カタカナとヘブライ語の驚くほどの類似性を指摘していた。また、日本語の中にヘブライ語の単語が混在していることも指摘していた。 彼は以下のような発言をしていた。

「私は14年の歳月をかけて世界各地の言語を調べあげた。世界には中南米のマヤ人をはじめ、いくつも“失われたイスラエル10支族”の候補となる民族がいるのだが、日本語のようにヘブライ語起源の言葉を多数持つところはなかった。一般に日本語はどの言語にも関連がないため“孤語言語”とされているが、ヘブライ語と類似した単語が優に3000語を超えて存在している。」


続きを読む
337

2006/7/2

神輿 と 聖櫃(Ark)-3  秦氏・日本とユダヤ文化

日本全国の秋祭りでは、何故か、神輿をかついで川を渡る習慣がありますが、我々日本人でも、何故なのかよく説明できませんが、これも旧約聖書にこの風習を示唆する事が記述されています。
続きを読む
9
タグ: 神輿 聖櫃 ユダヤ

2006/7/2

神輿 と 聖櫃(Ark)-2  秦氏・日本とユダヤ文化

このユダヤの聖櫃(アーク)を見た時、多くの日本人がイメージするものは、神道の神輿(みこし)であると思います。 

続きを読む
18

2006/7/2

神輿 と 聖櫃(Ark)-1  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、ユダヤ教で聖櫃(せいひつ)、Ark(アーク)、もしくは契約の箱、証の箱、掟の箱などと呼ばれるもので、モーゼの指示に従って、ベツァルエルが作成したもので、3種の神器が収められた、移動式の神殿です。

続きを読む
20

2006/7/1

山伏の兜巾 と ヒラクティリー  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

今日でもユダヤ人は祈りの時に 「旧約聖書」 の言葉を収めた 「ヒラクティリー」と呼ばれる小さな小箱を額部分に付けるそうですが、日本では山伏が頭につける兜巾(ときん)とよく似ています。  また、山伏が吹くほら貝の音は、ユダヤ人の祭りに使われる 「ショーファー」 という羊の角で作った吹奏器とそっくりでなのだそうです。  

いうまでもありませんが、世界の宗教で額にこのような物をつけるのは、ユダヤ教と日本の神道だけのようです。

続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ