renaissancejapn@aol.com

2007/12/31

フリーメーソン-27  黒船襲来  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Matthew Calbraith Perry (1794-1858)

ヴァージニア州ノーフォークを出航し、カナリア諸島、ケープタウン、シンガポール、香港、上海、沖縄、小笠原諸島を経由して、1853年7月8日浦賀港に入港し、フィルモア大統領の親書を携えてきた東インド艦隊司令官のペリーもフリーメーソンでありました。

彼が所属していたロッジは、ニューヨークの 「ホーランドNo.8」 であります。  フリーメーソンにとっては、定期的な儀式は欠かすことが出来ないため、英米の軍艦にはロッジがつくられており、いうまでもなく、黒船にもロッジがありました。

続きを読む
2

2007/12/30

フリーメーソン-26  西周  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
西周 (1829-1897) 明治初期の啓蒙家

西周(にしあまね)と津田真道は、共に江戸幕府の洋学教育機関であった、蕃書調所(後の開成所、さらに東京大学文学部と理学部になる)に勤務する蘭学者でありました。

1862年、徳川慶喜の政治顧問の西周(にしあまね)は、津田真道、榎本武揚らとともに、幕府の指示により、西洋の政治・法律・経済を研究するためにオランダのライデン大学に留学します。  その指導教官がライデンの「ラ・ヴェルテュ・ロッジ・ナンバー7」に属するフリーメーソンで、

1864年10月20日、彼は指導生であった西周をこのロッジに紹介し、その日に35歳の西周は、「徒弟」「職人」として、フリーメーソンになる事を承認され、日本人では初めてのフリーメーソンとなりました。  津田真道も、1ケ月後にフリーメーソンとなっている事が記録に残されています。

続きを読む
1

2007/12/29

フリーメーソン-25  日本上陸  フリーメーソン

1842年のアヘン戦争により、英国領となった香港にフリーメーソンの極東ロッジが創立され、アジア進出の拠点になりました。

その香港から横浜の居留地警備の為に派遣されたのが、英国陸軍第20連帯の分遣隊で、この連隊には軍人結社「スフィンクス」があり、連隊が駐屯した横浜に、アイルランド系の「スフィンクス・ロッジ」が開設されました。  このロッジは、軍隊の中で組織される軍事ロッジで、連隊の移動とともに、ロッジも移動する性質のものです。 

奇しくも、日本人として最初にフリーメーソンとなった西周と津田真道がオランダにおいて、フリーメーソンに加入したのと同じ、1864年の事でした。
続きを読む
2

2007/12/24

クリックすると元のサイズで表示します
Cappella Papale Basilica Vaticana, ore 24


ヴァチカンからのメッセージ
http://www.vatican.va/phome_en.htm

1

2007/12/22

フリーメーソン-24  チャールズ・リンドバーグ  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Charles Augustus Lindbergh (1902-1974)

スウェーデン移民の息子として、ミシガン州デトロイトで生まれ、1927年にプロベラ機のスピリット・オブ・セントルイス号で、ニューヨーク・パリ間を単独無着陸飛行に成功した飛行家のリンドバーグもフリーメーソンで、フリーメーソンの象徴であるコンパスと直角定規を上着につけ、愛機に乗り込みました。


続きを読む
2

2007/12/22

フリーメーソン-23  ウィリアム・H・ラッセル  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
William Howard Russell (1821-1907)

1848年にカリフォルニアで金が発見されると、ゴールドラッシュが起こり、1849年だけで2万5千人が、1854年までに14万人がカリフォルニアへ向かい、  

こうして、西部の人口が増加してゆくと郵便の需要が高まり、ウィリアム・ラッセル、
アレクサンダー・メイジャーズ、ウィリアム・ワデルは、Leavenworth & Pike's Peak Express Company(レベンワース&パイクス・ピーク速達会社)、通称ポニー・エクスプレスを1860年に設立し、ミズーリー州とカリフォルニア州を早馬により10日間で郵便を配達するサービスを開始しました。

ウィリアム・ラッセル、アレクサンダー・メイジャーズもまた、フリーメーソンでした。

続きを読む
2

2007/12/16

フリーメーソン-22  ヘンリー・フォード  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Henry Ford (1863-1947)

流れ作業という生産方式を考え出し、高価な自動車を大量生産し、一般大衆に普及させたT型フォードで有名な、フォード社の創業者ヘンリー・フォードもフリーメーソンでありました。

彼が所属していたロッジは、ミシガンにあるパレスチナロッジNo.357です。

続きを読む
1

2007/12/14

フリーメーソン-21  カーネル・サンダース  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Colonel Harland Sanders (1890-1980)

ご存知、ケンタッキーフライドチキンのサンダースおじさんですが、本名はハーランド・サンダースであります。  1935年にケンターキー州知事から名誉称号「カーネル」を授与され、カーネル・サンダースと呼ばれるようになりました。

彼もまた、フリーメーソンであります。 

続きを読む
4

2007/12/12

フリーメーソン-20  サミュエル・ヒューストン  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Samuel Houston (1793-1863)

NASAで有名な、テキサス州ヒューストンですが、テキサス州はもともとメキシコ領で、テキサス軍の司令官として、メキシコ軍を撃破し、テキサス共和国を樹立したのがフリーメーソンのサミュエル・ヒューストンです。  ヒューストンの地名は、彼の名からとったものです。

続きを読む
1

2007/12/9

フリーメーソン-19  船乗りジラード  フリーメーソン

日本ではあまり有名でありませんが、アメリカ建国時のスーパーヒーロー、スティーブン・ジラードもフリーメーソンでした。

彼は、フランス人でアメリカ歴代資産家のなかでJ・P・モルガンやデュポンをしのぐ富豪で、第二次英米戦争で資金不足のアメリカ公債は暴落し、アメリカの軍隊は苦戦を強いられていましたが、破産しかかったアメリカ政府の戦時公債を全て一人で買取り、アメリカを救った人物です。 分かりやすくいえば、国家の軍事予算をひとりの富豪が買い取ってしまったわけです。

彼は、1778年にサウス・カロライナ州チャールストンの 「ユニオン・ロッジ」 でフリーメーソンに加入し、 「ジラード・チャリティ基金」 を設けたり、貧しい孤児の為に、フィラデルフィアにジラード大学を設立しました。


続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ