renaissancejapn@aol.com

2008/1/13

フリーメーソン-31  ジョン万次郎  フリーメーソン
 クリックすると元のサイズで表示します
中濱万次郎(1827-1898)

高知県土佐清水市の中浜に、貧しい漁師の子として生まれた中濱万次郎(ジョン万次郎)は、14歳の時に漁で遭難し、アメリカの捕鯨船に助けられて、そのまま船長にアメリカに連れて行かれ、育てられました。  そしてペリー来航の2年前に帰国し、幕府の旗本となり、アメリカとの交渉の通訳として活躍することになりました。

当時は、フリーメーソンの新世界秩序で、世界をワンワールド化しようとする動きがあり、アメリカでは西部開拓を進めていた時代で、さらにその先の日本に、イギリスに先んじて、進出しようとするアメリカの戦略があり、日本語のできる諜報部員を育成する必要があると、フリーメーソンであるペリー提督も日記に書いていた時期でありました。

ジョン万次郎は、アメリカ、またフリーメーソンの諜報部員として教育され、日本に送り返されたと推測されます。  論より証拠、高知県足摺岬にあるジョン万次郎の銅像の写真を見て御覧なさい。  左手には、フリーメーソンのシンボルである直角定規とコンパスをもっています。 

続きを読む
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ