renaissancejapn@aol.com

2008/1/21

フリーメーソン-36  フェリックス・ベアト  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Felix Beato(1833-1907)

我々が意識せずに見る、幕末から明治にかけての重要な写真のほとんどが、フリーメーソンで、ヴェネチア生まれのイタリア人、フェリックス・ベアトが撮ったものと言っても過言ではありません。

彼は、クリミア戦争、インドのセポイの反乱、アヘン戦争の中国、幕末から明治維新にかけての日本、というようにタイミングよく世界の事件をスクープしています。 これはフリーメーソンの人的ネットワークにより、次にどこで何が起こっているか分かっていたからであり、各国の情勢を正しく把握していないとできないものであり、偶然ではあり得ません。

続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ