renaissancejapn@aol.com

2008/3/26

フリーメーソン-75  カールマルクス  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
カール・マルクス(1818-1883)

日本の幕末時代を生き、1848年に 「共産党宣言」 を書いたマルクスは、「公正連盟」と呼ばれるイルミナティの提携組織のメンバーでありました。 彼は政治・経済の思想のみならず、道徳などの精神的変革も提唱し、家庭は崩壊させるべきもので、子供たちは全て国家の中央権力によって育てられるべきであると主張していました。 かなり歪んだ考えですが、マルクスとはどんな人物だったのでしょうか。


「 完全に発達した家族は、ブルジョア階級にしか存在しない。 ブルジョアと家族は資本主義の消滅と共に消滅する 」   - マルクス 共産党宣言 -


フリーメーソン-7  イルミナティ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/597.html
続きを読む
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ