renaissancejapn@aol.com

2008/6/15

フリーメーソン-110  ブレトン・ウッズ体制  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
ニューハンプシャー州にある町キャロルの一地区のブレトン・ウッズにある、マウント・ワシントン・ホテル


第二次世界大戦の末期、まだ戦争が終わっていない段階の1944年7月に、戦後の国際通貨体制に関する、ブレトン・ウッズ会議が、ニューハンプシャー州北部のリゾート地であるブレトン・ウッズのマウント・ワシントン・ホテルで開かれました。 英国代表は経済学者のジョン・メイナード・ケインズ、米国代表はハル・ノートの作成者、財務次官のハリー・デクスター・ホワイトです。

この会議で、国際通貨基金(IMF)、国際復興開発銀行(IBRD)の設立が決定されましたが、これらの組織を中心とする体制を、ブレトン・ウッズ体制といいます。

続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ