renaissancejapn@aol.com

2008/7/5

フリーメーソン-121  日本とフリーメーソン-5  フリーメーソン

幕府の大老井伊直弼・老中間部詮勝らが、その施策「日米修好通商条約への調印および徳川家茂の将軍職継承」への反対派を大弾圧した事件を 「安政の大獄」 といいますが、1858-1859年に起こった事件で、「安政の大獄」は、井伊直弼が1860年3月の桜田門外の変で暗殺された事により収束します。  

ちょうどその頃、スコットランド生まれの一青年トーマス・グラバーが、長崎にやってきました。  グラバーは、19歳の時にビジネスチャンスを求めて上海に行き、ジャーディン・マセソン商会に入社、そして幕末の動乱の日本に興味を持ち、1859年(安政6年)9月19日に長崎に到着、21歳の時でありました。

このグラバーは、スコットランド系のフリーメーソンでありましたが、この若い青年が、日本を大きく変えて行く事になります。

続きを読む
0

2008/7/5

フリーメーソン-120  日本とフリーメーソン-4  フリーメーソン

1853年(嘉永6年)7月8日、旗艦サスケハナ号など7隻の軍艦を率いて、東インド艦隊司令長官で、筋金入りのフリーメーソンである、マシュー・ペリーが、フィルモア大統領の親書を携え、浦賀沖に来航し、開港を迫りました。


フリーメーソン-27  黒船襲来
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/619.html


彼が所属していたロッジは、ニューヨークの 「ホーランドNo.8」 であります。  フリーメーソンにとっては、定期的な儀式は欠かすことが出来ないため、英米の軍艦にはロッジがつくられており、いうまでもなく、黒船にもロッジがありました。

続きを読む
0

2008/7/5

フリーメーソン-119  日本とフリーメーソン-3  フリーメーソン

1840年、イギリスが阿片戦争で中国を侵略した時、阿片ビジネスで、その中心的な役割を果たしたのが、ロスチャイルドと縁戚関係にある、フリーメーソンのサッスーン財閥と、ジャーディン・マセソン商会であります。 そして、今日イギリス最大の銀行であるHSBC(香港上海銀行)は、この阿片ビジネスで莫大な富を得たフリーメーソンの彼らや、ロスチャイルドののお金を取り扱う金融機関が必要となり、英国王室の後ろ盾により、王立直轄植民地協会によって設立されたものであります。


フリーメーソン-29  サッスーン財閥
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/621.html
フリーメーソン-30  ジャーディン・マセソン商会
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/622.html
フリーメーソン-3  香港上海銀行
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/593.html
フリーメーソン-2  中国進出
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/592.html


日本の明治維新は、このジャーディン・マセソン商会の上海支店から、グラバー商会を通じて、さらに坂本龍馬の亀山社中(後の海援隊)を通して、薩長が武器を購入して、成し遂げられたものです。  尊皇攘夷で、外人を成敗しろ、と言っていた維新軍が、維新成立後に、何故欧米に擦り寄ったか、この事実一つとってみても分かるわけです。

明治維新のヒーローたちは、尊皇攘夷ではなく、当時フリーメーソンであった欧米人達と接触し、彼らに背後から操られていたのです。 何故、上海で欧米製の武器が取引されていたかと言えば、アメリカの南北戦争が1865年に終わり、その武器が在庫となり、武器商人達も困っていたため、それらの武器が上海に流れ込んでいたのです。 そして、1868年に徳川幕府と明治新政府が衝突する戊辰戦争が勃発したのです。


続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ