renaissancejapn@aol.com

2008/8/24

フリーメーソン-159  フリーメーソンとは何か-34  大政奉還と龍馬暗殺   フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
京都霊山護国神社 (明治維新に尽くした1043名を弔い、坂本龍馬の墓もある神社)


坂本龍馬が設立した亀山社中を通して、グラバー商会から欧米の武器を購入し、薩長が討統幕を企てる中、坂本龍馬は内戦を避けるために、大政奉還・公武合体を打ち出し、薩摩藩、長州藩、グラバー商会、ジャーディン・マセソン商会は、慌ててしまいました。

日本に大きな内乱があると予測したグラバーは見切りで大量の武器をジャーディン・マセソン商会に既に発注しており、薩長は倒幕の千万一隅のチャンスであり、またロスチャイルドとイギリス政府は、徳川を倒し、自分達の傀儡政権(薩長)を創ろうとしていたからです。

公武合体を唱える龍馬は、もはや彼らにとって邪魔な存在でしかなかったのです。 

1867年11月9日に徳川慶喜は朝廷に大政奉還の上奏文を提出しますが、それを事前にキャッチしていた岩倉具視の画策により、その前日に薩長両藩に倒幕の密勅が手渡されており、内乱を避けるための大政奉還・公武合体は邪魔され、そして、邪魔になった坂本龍馬が暗殺されたのが、1867年11月15日。   坂本龍馬 享年33歳。

続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ