renaissancejapn@aol.com

2008/10/11

ドル暴落とアメロ  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します
BUILDING A NORTH AMERICAN COMMUNITY (CFR:Council on Foreign Relations)


CFR(外交問題評議会)のレポートに、2010年までにNAU(ノースアメリカンユニオン)を成立させる目標が書かれています。  NAUとは、EUに対抗してアメリカ、カナダ、メキシコが合体した北米連邦の事で、共通通貨はアメロであります。  従来のドルがグリーンを基調とした印刷がされているので、グリーンバックと呼ばれ、アメロはブルー基調で印刷されるので、ブルーバック、ブルーノート、ブルービルとも呼ばれたりします。

ここで重要な点は、ドルで天文学的借金をしているアメリカは返済不可能なので、ドルを意図的に暴落させ、事実上借金をチャラにし、金兌換のアメロを新通貨として、世界の基軸通貨を守ろうとしている事です。 また、今年3月のアメリカ下院議会の秘密会議で、2008年9月までに米国経済の崩壊、2009年2月までに米国の経済破綻、そしてCFRのレポートと同じく2010年にカナダ、アメリカ、メキシコが統合する北米連邦、新通貨アメロの導入が協議されたことが報告されています。

続きを読む
3
タグ: ドル暴落 アメロ CFR


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ