renaissancejapn@aol.com

2008/12/13

デ・リーフデ号 (慈愛号)  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します
デ・リーフデ号とオランダ人と長崎出島

日本とオランダの交流は、1600年4月19日、豊後(現在の大分県)臼杵湾にオランダ船デ・リーフデ号が漂着したことに始まり、オランダは、鎖国時代に長崎の出島で通商を許可された唯一のヨーロッパの国として、日本と世界をつなぐ架け橋となり、日本は医学や工学など、様々なヨーロッパの最先端技術や文化を学び、また日本が世界に紹介されました。


続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ