renaissancejapn@aol.com

2009/2/7

マクドナルドとロスチャイルド  国際政治・金融・企業
 クリックすると元のサイズで表示します
マクドナルド1号店 (シカゴ)


ハンバーガーのルーツは、ロシア南東部のタタール地方に住む遊牧騎馬民族が食べていたタタ−ルステーキ(馬上食)であります。 それが、ヨーロッパの大航海時代に船乗りたちによって、ドイツの港町ハンブルグに伝わり、ヨーロッパ人好みにアレンジされました。 19世紀後半になると、多くのヨーロッパ人がアメリカ大陸に渡りましたが、そのなかのドイツ系移民が持ち込んだ料理がハンブルグのステーキで、これがハンバーガーの語源であります。  この頃のハンバーガーは単なる挽肉のステーキですが、これをパンに挟んで、今日のハンバーガーにしたのは、1904年にアメリカのセントルイス万国博覧会で、ドイツ人の経営する店が、ハンバーガーをパンに挟むことにより、手に持っても熱くなく、歩きながら食べれるという事を思いつき、これが大当たりして今日のハンバーガーとなりました。  

こうして、瞬く間にハンバーガーは全米に広まり、1937年にカリフォルニア州パサディナで、マウリスとリチャードのマクドナルド兄弟が始めたのが、客が乗りつけた自動車まで食事を運ぶドライブスルーレストランで、開業してすぐに手軽で美味しいハンバーガーセットは人気となりました。

続きを読む
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ