renaissancejapn@aol.com

2009/4/17

ローマ帝国の物語-8 略奪されたサビニの女たち  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
■ サビニの女たちの略奪(Enlévement des Sabines) ニコラ・プッサン 1634-38年
  |154.6×209.9cm | 油彩・画布 | メトロポリタン美術館|
  左上で赤の衣をまとっているのがロムルス

18歳のロムルスと、彼についてきた3000人のラテン人によって建国されたローマでありますが、誕生直後のローマ市民の大部分は独り身の男たちで、ロムルスが政体確立に続いて行った事業は、他民族の女たちを強奪することでありました。


続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ