renaissancejapn@aol.com

2009/4/21

ローマ帝国の物語-10 第二代王ヌマ・ポンピリウス王  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
王政ローマ第二代王
ヌマ・ポンピリウス ( Numa Pompilius : BC715-673 )


ローマの初代王である、ロムルス王(BC753年-BC715年)が亡くなり、次の王が選ばれることになりましたが、ロムルスは誰かに暗殺されたという噂が飛び交い、誰が王に当選しても疑惑を生みそうな状況となっていました。  ロムルスには息子がいましたが、彼を王にするという発想は当時のローマ市民にはなく、市民が選んだのは賢者として知られるサビニ人のヌマ・ポンピリウスで、ラテン派とサビニ派の対立でこう着状態にあったローマの元老院も満場一致でヌマを王に推しました。

しかしながら、既に40歳を達していたヌマは拒絶しますが、再三の説得に屈しました。
続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ