renaissancejapn@aol.com

2009/4/23

ローマ帝国の物語-11 第三代王トゥルス・ホスティリウス    ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
■ ホラテウス兄弟の誓い ( The Oath of the Horatii ) 1784
ジャック・ルイ・ダヴィッド ( Jacques-Louis David : 1748-1825 )
│Oil on canvas│330 x 425 cm│Musee du Louvre, Paris│


ヌマの後を受けて王に選出されたのは、トゥルス・ホスティリウス(BC673-641)でした。 ロムルスと同様、ラテン系のローマ人だった彼は、ロムルスに似て攻撃的な男で、そして、この男に率いられたローマも、ヌマによる内部充実の時期を経て、外部への発展の機にありました。

王トゥルスは、ラテン人発祥の地かつローマ人の祖先の地でもあるアルバを攻撃の第一目標としますが、開戦の理由を見つけるのは簡単で、両国の国境近くに住む農民たちの間で争いが起こり、それによって生じた略奪行為の弁償をアルバ側が拒否したことが開戦の理由となりました。

しかし、アルバも80年の歴史しか持たないローマに比べれば、400年の歴史を持つ大国で、簡単に勝てる相手ではありません。 トゥルスは、強大なエトルリアがすぐ近くに存在するのに無用な出血は両国の為にならないとし、代表者同士の決闘という形での勝負を提案する事になります。
続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ